ホテルヘルス(ホテヘル)求人の魅力や注意点まとめ

ホテヘル(ホテルヘルス)は通常の店舗型ヘルス(ファッションヘルス)とは違い、お店近隣のホテルへ出張しヘルスサービスをする業種です。個人宅への派遣は基本的にはありません。そのため衛生面や安全面でも安心感があり、自分でお部屋の掃除をしなくてもいいので気が楽です。 お客様が先にホテルに入るスタイルのお店が多いのですが、待ち合わせて一緒にホテルへ入る「待ち合わせ型ホテヘル」もあります。今回はそんなホテヘルのあれこれについてまとめました。

ホテヘルというお仕事の特徴や注意点

ホテルヘルスのお仕事はいわゆる派遣型ヘルスですが、デリバリーヘルス(デリヘル)との違いは「受付がある」ことと「派遣先はホテルやレンタルルームのみ」ということです。デリヘルのようにお客様の自宅へ行ったり、事務所からあまりにも遠くのホテルへ行くことは基本的にはありません。

デリヘルは電話やネット受付のみですが、ホテヘルはお客様がいったんお店の受付へ来店します。そこで写真を見たり説明を聞いたりしてから料金を払い、ホテルへ行くという流れが一般的です。そのため、実際にお客様とお店のスタッフが直接対面するので「どんな人が来たのかお店が把握できる」というメリットがあります。

あまりにも不衛生な人や、泥酔している人、暴力的な人などは受付でしっかりシャットアウトしてくれます。カメラモニターを設置しているお店なら、控室(待機室)のモニターでお客様の顔を見て知人バレを防ぐことも可能です。

その他に、派遣先はお店の近くのホテルなので万が一何かトラブルがあった場合でも店舗スタッフにすぐ駆けつけてもらえることや、お店のシステムにもよりますが「金銭のやり取りをスタッフがやってくれる」こともメリットの一つです。ホテルでのプレイ後やプレイ前に、お金をもらい忘れることがないため仕事に集中できます。

アリバイ対策はしっかりと!

最近は待ち合わせ型ホテヘルの進化形といいますか、デートプラン(デートコース)を設けるお店も増えてきました。恋人のようにお食事をしてからホテルに行ったり、お散歩をしたり、ちょっと長めのコースとなっているようです。もちろん時給(お給料・バック率)が高めに設定されているので、知人バレやアリバイ対策がしっかりしている女性なら普通の働き方よりプラスαで稼ぐことができます。

こうした外出・待ち合わせ系に限らず、アリバイ対策は自分でできることはしっかりと行っておきましょう。いくらお店がモザイク写真や電話対応できちんと対策してくれていても、自分から他人に話したりバレたりするような行動をしていては意味がありません。誰かにバレるときはたいていお店のせいではなく女性自身の問題ということが多いので、十分すぎるくらい気を付けておいて損はありません。

講習は受けた方がいいこともあります

風俗求人では「講習なし」というお店が増えてきました。従来の風俗業界にあったイメージのようなセクハラ講習は一切なく、簡単な口頭説明やマニュアルを読むだけでお仕事に取り掛かれる、というお店です。簡単なプレイ内容だからちょっとした事前説明だけで大丈夫ということならいいのですが、未経験となるとやっぱり不安もあると思います。「講習なし」と書いてあっても、本当の未経験者には講習してくれるところもあるので、相談してみましょう。先輩女性スタッフが講師役をしてくれたり、男性スタッフが講習をするけど服を脱いだプレイはない…などお店によって様々な工夫をしています。

講習を受けておくことで、実際のお仕事の流れや「こういうお客様が来た時はどういうふうにかわせばいいのか」などを教えてもらうことができます。特にホテルヘルスでは、ホテルの部屋に入るときの手順なども気になるところだと思います。悩んでいる人や、講習なしで入店したけど思うように指名客がつかめない人は一度お店の人に相談してみてください。新しい気づきや学びがあるはずです。

体験入店してみよう

風俗アルバイトが初心者の女性にとって、いくら受付があるといってもホテルへ出張するサービスは不安があると思います。とはいえ短時間で高収入を得られるとなると、検討しておきたいお仕事ですよね。ホテルヘルス(ホテヘル)に限ったことではありませんが、多くの風俗店には「体験入店」という制度があります。アルバイトの試用期間みたいなもので、お試しでお仕事ができる制度です。しかも1日(1回)からで大丈夫でお給料も日払い制!不安な人はまず試しておいた方が良いです。

体験入店の際はお店も気を利かせて、常連のお客様の中でも優良会員の方を積極的につけてくれたり、きちんとお客様に「この子は初めてです」と説明して紹介してくれるものです。優しいお客様に当たれば緊張も解けるので、そうした気配りをしてくれるお店と出会えるのが理想です。

体験入店は「絶対に本入店」ということではないので、実際にお仕事してみて「やっぱり自分には無理そうだな」と思ったら正直にそう伝えましょう。お給料が支払われ、それできれいにおしまいとなります。「これなら大丈夫だな」と思ったら本入店となり、どんどん稼いでいくことになります。入退店時の対応がきれいなお店を見つけることが大切です。こうした対応は、面接申込時の態度などである程度わかるので、よく見ておきましょう。

ホテヘル求人を探すなら

ホテヘル求人の選び方としてお勧めなのは、高収入という点だけに捉われないということです。これだけに捉われてしまっていると、他の大事なところが見えなくなってしまい、結果的には失敗に終わってしまうこともあるからです。 例えば働く環境(お店の雰囲気・スタッフの態度など)や、交通の便は良いのか、適度に休みは取れるのかといった点などです。こういった条件は働く上でとても大事なことです。特に長く勤めたいという人にとって、休暇の融通は大きく関係しています。求人情報をチェックする際、必ず見ておいた方がいい点です。

デリヘルと一緒になっていることもあります

様々なホテルヘルスのお店がある中で、業種がホテヘルとデリヘル両方記載されていることが時々あります。そういうお店は、日中はホテヘルとして営業しており、24時以降はデリヘルの営業形態をとっていたりします。法律や条例を守りつつ長時間営業しようとして、そうなったのでしょう。デリヘルとなるとホテル以外の場所へも行くことになるので、深夜勤務を希望する人はよく確認してください。基本的には送迎はついているはずです。

求人サイトを活用しましょう

風俗求人を探す際はインターネットを活用しましょう。風俗求人サイトでは各地のホテルヘルス(ホテヘル)の募集情報を掲載しています。なかなか求人を出さない有名店や、すぐ定員になってしまうお店などもあるので、気になったお店にはまずお問い合わせをしてみると良いです。電話やメールだと緊張してしまう人のために、最近はLINEお問い合わせも需要があります。大きな求人サイトなら、専用のお問い合わせフォームもあるはずです。また、待遇や条件など気になることが多い人は、様々なワードで検索することをお勧めします。

タイミング良く条件のいい職場を見つけよう

ホテヘルのお仕事はやはり短時間で高収入が手に入ることがメリットです。一年を通して定期的に募集が出ていますし、短期もOKなので学生さんでも長期休暇の間に集中して働いて貯金をすることも可能です。夏休み期間中だけでも数十万円、稼ぐことは夢ではありません。学生やフリーターにとっては、高額収入を得られるチャンスがあります。主婦やOLの副業としても注目されているので、迷っている方はぜひ求人サイトでホテヘルの情報を調べてみてください。