身バレを防ぐためにアリバイ対策をしている風俗店でお仕事しよう

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

風俗で働いていることがバレたくない女性は多い

昔から風俗で働き始める女性はたくさんいますが、自分が風俗で働いていると堂々と周知出来る人はいませんし、いたとしてもごく少数です。何らかの事情で彼氏や旦那に内緒でお仕事をしている人の方が多いですし、既婚者であれば旦那の収入だけでは生活が成り立たないのでお仕事をしている人もいます。

また、彼氏や旦那がいなかったとしても家族や友人、知人にバレてしまう可能性は皆無とは言えず、うっかり働いている風俗店で鉢合わせしてしまえばもう誤魔化しようがありません。
特に会社に風俗店で働いていることが発覚してしまった場合、場合によっては社内規定に基づいて懲戒解雇ということにもなりかねないので、尚更気を抜くことは出来ません。
風俗店でもアリバイ対策を行ってくれるところは多いですが、バレないように自分でも気を付けながらお仕事をした方が良いでしょう。

どういう時に気付かれてしまうのか

周囲に風俗店で働いていることを気付かれてしまうパターンはいろいろとありますが、大抵は女性の不注意によるところが多いです。お店がきちんとアリバイ対策をしてくれていたも、自分のせいでバレてしまっては元も子もありませんよね。
どのような状況で気付かれてしまうのかを詳しく見ていきましょう。

急に生活が派手になった

風俗店で働いていると収入が多く入ってくるので、必然的に自由に使えるお金が多くなります。生活や学費などのために風俗店で働いているという人は目的が定まっていますから、自分のための支出もそれほど多くはなく生活に大きな変化は出づらいですが、特に目的がはっきりと定まっていない人の場合は生活レベルが急激に上がってしまいやすいです。

例えば今まで安い服や靴、カバンを使っていた人が急にブランド物の服などを持つようになったらどうでしょうか。急に羽振りが良くなったことについて多くの人は疑問を持ち、そのお金の出処が何処であるのかを考えるようになります。

風俗で働いているんじゃないのかと旦那や彼氏に問い詰められるだけならばまだ誤魔化しようもありますが、尾行されて風俗店に入っていく姿をしっかりと見られてしまったら誤魔化しようがありません。人は変化をよく見ているものですから、使えるお金が増えたとしても生活レベルを突然上げることはしない方が良いでしょう。

確定申告で旦那や会社に気付かれる可能性がある

旦那に気付かれやすいのは扶養家族になっていた場合です。まず、年間130万円を超える収入があると扶養の範囲を外れるので、年金や保険証などが旦那の扶養範囲ではまかなえなくなります。
アルバイトやパートをしていると事前に話をしていても、安い時給で短時間のパートでは年間130万円を超える稼ぎは難しいので、かなりの時間拘束されて働いている計算になりますよね。
ところが風俗のアルバイトだと短時間で高収入が可能なので、ついマイペースにシフトを入れてしまいがちです。カンの鋭い旦那様だと「あんまり仕事に行っている様子もないのに、なんで年間130万円以上のお金が稼げるのかな」と疑問を持ってしまいます。

会社に気付かれるのは確定申告をする時期に多いです。特別徴収の額が増えることで、何も考えずに申告をしてしまうと会社から引かれる税の額が上がってしまい、経理に副業をしているのではないかと疑いを持たれてしまいます。
もちろん会社にはどこで得たお金であるとは報告されないため、どこで副業をしているのかまでは分かりません。
しかし、副業の事実が発覚しただけでも風俗に結びついてしまう危険性は高いので気を付ける必要があります。

自分で話してしまったり鉢合わせたりしてバレる可能性も

人は秘密を抱えると、どうしてもそれを話したくなってしまうものです。
ついうっかり友人に私は風俗で働いているということを言ってしまい、それが回り回って旦那や彼氏、果ては家族の耳に入ってしまうということになりかねません。
口を滑らせた時が一番危ないので、風俗でのアルバイトをしていることは徹底的に口にしないようにしましょう。

また、友人や知人がよく利用しているエリアにある風俗店だと、たまたま客として利用された時に発覚してしまう可能性は高くなります。特にホームページなどでは顔写真がモザイクでぼやかしてありはっきりしないため、偶然選んだら知り合いだった、という可能性も全く無いとは言い切れません。

ホテヘルやファッションヘルスなど店舗型のサービスなら店舗のカメラからお客様を見ることが出来ますが、デリヘルなど出張型のサービスの場合相手の顔を予め確認してサービスをすることが出来ませんから発覚する可能性が少なからずあるのです。

自分でも出来る身バレしない方法

自分が風俗店で働いている事実が周囲に発覚してしまっても嫌ですし、何より彼氏や家族に発覚した場合取り返しのつかないことになる可能性が高いです。
出来る限り自分でバレないように注意をする必要があります。

お金の使い方には注意をしよう

金遣いが急に荒くなると、何か高収入のアルバイトを始めたのかなと考えるのが普通です。
もとから借金癖がある人なら「また借金して遊んでいるのかな」と思われるだけで済むかもしれませんが、そんな人はめったにいませんよね。「お金をたくさん稼ぐことが出来る職業は…風俗かな?」と思われてしまうのが普通です。

お金を手に入れれば使いたくなる気持ちは分かりますが、急に金遣いを荒くするのではなく小出しに使うようにした方が気付かれにくいですし、最近アルバイトを始めたんだ、という言い訳が通用します。
一度に大金を得やすい職業だからこそ金銭感覚をきちんと持っておかないと、周囲に気付かれることになってしまいますのでお金の使い方には注意をしましょう。
特に親はこの変化を一番気付きやすいですので注意が必要です。

確定申告の仕方に気をつけよう

副業として風俗をしている場合、会社で得る分の給料以外に収入がありますから確定申告を別途にしなければなりません。発覚するのが嫌だから確定申告しない、というのはリスクが高く、税務署に発覚した場合は所得隠しとして巨額の税金を請求されることもあります。
特にマイナンバー制の導入によって確定申告をしていないことが発覚しやすくなっていることもあるため、確定申告をしないというのはデメリットが大きいのです。

こういうふうに書くとなんだか難しいと思われるかもしれませんが、税務署では無料の相談窓口もありますし電話相談もできます。風俗で働いているということは言わなくても大丈夫なので、わからないことは相談して、スムーズに対応しておきましょう。
※ちなみにきちんと納税していれば還付金としてお金が少し戻ってくることもあります。

というわけで確定申告はしなければならないのですが、住民税が特別徴収になっている場合(会社から引き落とされるようになっている場合)は副業が発覚してしまうので、普通徴収(自分で納税)にしておくと会社にバレる心配がありません。

扶養家族に入っている場合は予め家族にアルバイトやパートをすることを伝えておいて、上手く高収入の言い訳を見つけておくと良いでしょう。
何をやっているのかと尋ねられた時にもっともらしい言い訳が出来ると気付かれる可能性が低くなります。

自宅から離れたエリアで働こう

出来る限り近いところで仕事をしようとすると、どうしても知り合いに見つかってしまう可能性は高くなるので、足を伸ばして離れた場所で働くとうっかり出会ったしまったという可能性を減らすことが出来ます。

どのような店で働くかによって事前チェックが出来るかどうか変わりますが、うっかり指名されてしまった場合知人だから嫌だといちいち断るのも手間ですよね。きちんと対応できるお店ならいいのですが、接客場所に行ってみてバッタリ…ということもあります。
こうなってしまうと後の人間関係にも関わってきますし、うっかりその人が喋った場合一気に拡散してしまいますから、自分の通いやすい場所から離れたところで働いた方が良いです。

定期的に高額の安定した収入が必要ではない場合は、出稼ぎという形で働くのも一つの手です。例えば北海道や沖縄に旅行感覚で出掛け、その間だけ現地で働くという方法を使うと知り合いに会ってしまう可能性はぐんと低くなります。リゾートバイトのように住み込みで出来るように宿泊施設(マンション寮)を完備している風俗店もありますから、探してみると都合の良い働き口が見つかるでしょう。

アリバイ対策をしてくれる風俗店を探そう

風俗店も業務内容からあまり人に知られたくないという従業員の女の子の気持ちを理解していますから、可能な限りアリバイ対策を行ってくれます。
風俗店で行ってくれるアリバイ対策は以下のようなものになります。

写真対策

風俗では大抵ホームページを持っていて、そこに接客を行う従業員の女の子の写真を掲載しています。
一度ネット上に顔写真が出てしまうといつまでも残ってしまいますし、勝手にホームページに載せた写真をダウンロードして掲示板などに貼り付ける人も中にはいます。
このようなことになってしまうと、ネット上に顔写真が流出して風俗で働いていることが発覚してしまうので顔写真にモザイクやぼかしを入れて分からないようにしているところが多いです。

また、お店に飾るパネル写真もはっきりと顔が分かるようにはせず、加工をするなどして顔バレを防止するようにしていますので写真で発覚することがないように配慮がされています。
ただ、中には写真を載せてもOKとする女の子もいますので、顔写真を載せることを強制せずモザイクを入れるか堂々と出すかを選択するという形にしているところが多いです。

エリアの選択が出来る

デリヘルなどの出張型サービスの場合、特定のエリアに行くと発覚する可能性が非常に高くなるということはあるでしょう。
自宅周辺であったり会社の周辺であったり、学校の周辺であったりすると発覚する可能性が一気に高まるので、このエリアはNGと最初から設定することができます。
どのエリアには行けないと最初から伝えておくことによって危険を減らすことが出来ますから、アリバイ対策に繋がるのです。
いつ気付かれるかと怯えながらサービスをしなくても良いので、安心してお仕事をすることが出来ます。

しかし、それでも知り合いに当たってしまう場合がありますので、あらかじめ知り合いの連絡先をお店のパソコンに入力をしてNG設定をしておきましょう。
出張型サービスはネット上で予約をしても連絡先を求められるので、携帯の番号を入力しておけばお店の方で対処をしてくれます。

店舗型風俗店ではモニタリングシステムを採用している

きちんと対策をしているファッションヘルスやソープランドのような店舗型風俗店では、受付にカメラが設置されてあり控え室でお客様の顔を見ることが出来ます。
もし知り合いが来ていたらスタッフに伝えて接客NGにできるので安心です。
「好みじゃないから」などの理由で断るのは流石に問題ですが、アリバイ対策のために接客することが出来ないと断るのは問題ありません。断ってしまって大丈夫です。

このように風俗店では女の子が少しでも働きやすいように、風俗で働いている事実が発覚しないようにしてくれますが、完全に発覚を防げるかと言えば不十分です。
名刺や給料明細、連絡先を教えろと言われた時に風俗店でもらったものを出してしまってはアリバイ対策の意味が無くなります。
完全に従業員と風俗店を表向きに切り離すために、風俗店はアリバイ会社と提携をしていることがあります。

風俗店が提携をしているアリバイ会社とは

アリバイ会社は実際の職業を秘密にしたい場合に様々なアリバイ対策を行ってくれるところです。風俗で働いているということを外に漏らしたくない場合は、アリバイ会社を活用して上手に対策していきましょう。

名刺の作成

「普段は仕事をしている」と周囲に話している場合、その証明になるものが必要になるときがあります。彼氏や友人に見せる名刺が一枚あると、「こういう会社で働いている」と言えるので十分ごまかすことが出来るようになります。

この名刺はきちんと会社名や部署名、会社の連絡先や住所などが印字されているため騙されやすいですが、どのようなところで働いているのかを調べられてしまうと架空の会社の場合はバレてしまうので実在する企業、特にアリバイ会社の住所や名前を貸してくれるところだと安心出来ます。

ビジネス用メールアドレスの設定や在籍確認にも対応

社会人であれば誰でも持っているビジネス用のメールアドレスを独自に作ってくれ、このメールアドレスはきちんと送受信が可能です。
受信設定をしておけばスマホから見ることも出来ますし、さも仕事用のメールアドレスであるかのように使うことが出来ます。

また、名刺を見せても疑って働いているかどうかの在籍確認をしてくる家族はいますので、その時に電話に出て今不在であることを会社の従業員として伝えてくれるサービスがあります。
よっぽど疑惑がない限りは直接会社の住所におもむいて在籍確認をすることはありませんから、電話で本人がいるかどうかを確認することで家族も納得して信じてくれます。

社員証や給料明細などの発行

一番信憑性が得やすいのは社員証を見せることでしょう。名刺は自分でも名刺用の紙を買ってきて印刷をしてしまえばいくらでも誤魔化しが利きますが、社員証はなかなか自分で作ることが出来ないので信憑性を持たせることが出来るでしょう。

給料明細も風俗店の名義ではなくアリバイ会社が作成したものを用意してくれるので、きちんと名刺や社員証に印字された会社の給料明細を手に入れることが出来ます。
他にも内定通知も出してもらうことが出来るので、実家の親に内定を貰ったと言って見せることも出来ますから風俗で働いていることを隠すだけではなく、実際に一般企業に勤めているように見せることも可能です。

アリバイ会社と提携をしていれば書類発行や電話対応などしてもらえて便利なのですが、公的文書が必要な場合に効力がなく困るケースも出ています。お店に相談するのはもちろんですが、今は風俗嬢の悩みに詳しい税理士さんや公的な相談窓口なども利用しやすくなってきました。お住まいの地域によって制度が違うこともあるので、ひとりで悩まずにそういった窓口を正しく活用していきましょう。

アリバイ対策がなされているお店を選ぶようにしよう

このアリバイ対策は、顧問税理士がいて本気で対策しているグループ企業や大型店などもあれば、簡単な対策だけしているお店などもあり内容はまちまちです。どこまで対策してくれるかは、自分できちんと相談する必要があります。

風俗専門の求人サイトでアリバイ対策ありというチェック項目を選択すると、対策をしてくれているお店を絞り込むことが出来ます。実際に面接を受けた時にアリバイ対策についてはどうなっているのか、アリバイ会社とは提携をしているのかと直接質問をしてみると良いでしょう。

アリバイ会社と提携をしている場合にはバレるリスクをより低めてくれますし、安心して仕事をすることが出来ます。自分が働きやすい環境を作るためにも、アリバイについての取り扱いをどうしているのかを徹底してこだわった方が良いでしょう。

また、どうしても出張型や店舗型サービスのお店で働くのが心配である場合は、顔を出さなくても良いライブチャットなどで働くことも検討してみましょう。
やはり顔出しをしないと思うように稼げないというところはありますが、それでも文字だけでのやり取りになりますから発覚の危険度はぐんと下がります。
自分の都合に合った方法を探してみるようにしましょう。