風俗求人に応募しアルバイト面接で合格するためには?

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

風俗で働く最初の関門は面接

i

初めて風俗でアルバイトをする人にとって最初の関門となるのは面接です。働きたいと思っていてもこれを通過出来なければ風俗での仕事は出来ません。一体どのようなことを聞かれるのか、どうすれば合格することが出来るのかというのは多くの人が気になるところです。

出稼ぎ風俗になると写メを送ることで面接の代わりになるシステムもありますが、地元など住まいからの近場で働く場合は写メを送れば良いとは限りません。

今回は、風俗求人で面接を合格をするためにはどのようなことに気を付けたら良いのかを見ていきましょう。

合格を目指す前に風俗求人で不合格になる原因をまず知ろう

u

風俗求人は人の出入りが激しいため、大体は通過出来るのですがそれでもお店側からお断りされることがあります。

何故不合格になってしまうのか、それは大きく分けて二つの原因があります。原因をきちんと知って不合格になる可能性を減らしましょう。

常識的な言動ができていない場合

e

一般的なアルバイトであっても風俗であっても、どちらも共通して求められるのは一般常識です。

常識として一番浅いところは、敬語を使って話すということであり風俗の面接に訪れる人の中にはこの敬語が使えない人が少なくありません。

勿論完璧に美しい敬語で、となればなかなか多くの人が実践出来ないでしょうが、それでも一般常識として通用する程度の敬語が使えていないと面接で落とされてしまいます。

これはお客様の目線で考えて見ると分かりやすいのですが、例えば化粧品店で買い物をしている時に店員がタメ口で接客をしてきたら気分良く買い物をすることは多くの人が出来ません。お客様はお金を払っているのだから丁寧なサービスが受けられて当たり前という意識があり、これは風俗でも他のサービスでもスタンスは変わりません。敬語を必要としないような仕事であったとしても、それでもプレイの前後での関わりは敬語を使って喋ることを求められますからやはり常識の範囲内で敬語が使えることは必須です。

また、態度が悪いと当然ながら面接官の印象も悪くなるので不採用となります。この態度の悪さというのは面接中に脚を組んだりタバコを吸ったり、スマホを弄るといった行為です。仕事をするにも自分で経営をしているわけではないのですから、そのお店で仕事をさせていただくという意識を持っていれば自然とそのような態度は取れないはずです。

時間にルーズであり約束をしているのに守ることが出来ないのもお店側からの信頼を失います。もし遅れそうな場合は一本連絡をし、どうしても面接の日に行けなくなったら予定を変えてもらうなどの行為が出来ない人は指名を受けてもドタキャンされる可能性がありますから採用には繋がらないのです。

不衛生や見た目にこだわらない女性もお断りされる可能性は高いです。接客業でありお客様を喜ばせることが仕事になるわけですから、その意識がない人は合格出来ないということになります。

お店のコンセプトに合っていない場合

marriage-1458025_960_720

風俗店にも様々なコンセプトがあり、例えばトークだけでお客様を楽しませるところや軽い性的なサービスを取り入れているところなど様々です。それぞれの業務内容と出来ることが合致しない場合はやはり断られてしまうことが多いです。

この場合、未経験であることは全く問題ではなく、経験者を求む場合であれば話は変わりますが多くは未経験者OKとしていますので研修制度を取り入れているところがほとんどです。

しかし、例えばコスプレでサービス提供をするお店でコスプレNGとしてしまったら仕事になりませんから、コンセプトに合わないと不合格となります。

また、容姿や年齢についても同様のことが言え、美人かどうかという問題ではなく体型もコンセプトに合わないと採用をしてもらえません。ぽっちゃり系専門のところに痩せた人がいるのはおかしいですし、女子高生のコスプレをしてサービスをするお店で30代以上の人が応募するのも流石に無理があります。後は最低の出勤日数をこなせないことやタトゥーが入っていることも断られる要因となりますし、場合によっては妊娠線や傷跡があるのも断られることがあります。妊娠線や傷跡については全ての風俗で断られる理由ではないので、妊娠線や傷跡があるが大丈夫か聞いてみると良いでしょう。

一般常識やコンセプトに不適応ということで落とされてしまいがちですので、まずは普通のアルバイトと同様のマナーを学びこれから応募しようとしているお店のコンセプトと自分が出来ることが噛み合っているかを確認してから応募すると落とされる要因を少しでも減らすことが出来ます。

面接官は一体何を見て判断している?

ka

お店が求める人材は、お客様からの需要があり多くのお金を稼いでくれる人です。

これは一般の企業であっても求める人材は同じであり、企業の利益に繋がる人を欲しがるのですから風俗であっても最低限のマナーは必要になります。一般常識が必要というのはお客様が一般常識を持った人がほとんどですから、接客をする相手に合わせる以上風俗だから必要ないという道理はありません。店としてはお客様に少しでも良い思いをして帰ってもらいたいため、それが出来るかどうかの資質を見極める必要があります。一般常識やお店のコンセプトに合うかどうかで不合格になるというのは、お店の利益に貢献してくれる人材となれるかどうかの最低ラインの見極めなのです。

面接官はその人が指名をしてくれるかどうか、そしてリピーターになってもらえるかどうかを見ています。写真を撮影した時にその人の顔や体がホームページやお店に掲載されますが、それを見たお客様がこの子なら指名をしたいと思えるかどうかを考えます。

どんな人を指名したいか

img_8796

身綺麗にして出向いた人と、特に格好に気を使わずに出向いた人とを比較した場合、この人であれば期待が出来ると考えられるのは身綺麗な人の方です。風俗で働くことを希望する人の中にはお金が無くて綺麗にすることも出来ない人もいますが、それでも接客業であることを考えるとやはり一定以上の身綺麗さは無いと働くまでに至れないのです。

ですが、見た目ばかりが良くてもその人の性格がお客様を遠ざけてしまう可能性もありますから、面接官は会話の中でその人の性格を見極めます。トークがメインのところばかりではなく、性的なサービスを行うようなところであってもただマニュアル通りにすれば良いのではなく、お客様によって臨機応変に対応をする必要があります。会話が好きなお客様であれば会話をしながらのプレイを楽しんでもらったり、好きなプレイ内容があればそれを重点的にしてあげたりとお客様が望むニーズを見極めて接客をしなければなりません。

これは場数を踏むことによって次第にやり方を覚えて出来るようになりますし、未経験の場合は未経験と記載してくれるのでお客様も大目に見てくれてそこからゆっくり学ぶことも可能ですが、接客業は性格が表に出やすくその人の性格によってはお客様とのトラブルに発展する可能性もあります。

女性特有の優しさを求める男性は少なくなく、癒やしてくれるような優しい性格の人を求める男性はかなり多いです。自分の性格が人を癒やせるような性格ではないと思っていたとしても、そのような人に需要があることが分かっているとどのように振る舞えば良いのかという参考になるでしょう。

勿論やる気があるかどうかという基本的なこともきちんと見ていますから、しっかりやる気がある態度で挑みましょう。

面接時には何を持参するべき?

bag-1565402_960_720

どの風俗店でも提出を求められるのが身分証明書です。風俗店では高校を卒業した18歳以上の女性を雇わなければなりませんので、万一年齢を誤魔化して18歳未満の女性を採用してしまった場合営業停止処分どころか刑事罰を受けることにもなってしまいます。当然働いた本人にもそれ相応のペナルティがありますので、風俗店としても年齢を誤魔化している女性を雇いたくはないのです。

また、在籍する女性の身分証明書のコピーを3年間保存しなければならないという義務もありますから、身分証明書は絶対に必要です。求められる身分証明書は写真付きのもの、免許証やパスポート、住民基本台帳カード等です。

提出を求められるわけではありませんが、お店からの連絡を受けるためにスマートフォンや携帯電話が必要になります。特に出張型サービスの仕事ではお店に連絡をするように求められることがありますし、何らかのトラブルが発生した時に迅速にお店に連絡をすることも求められますので持っておいた方が良いでしょう。

面接後に体験入店という形になるのであれば、メイク道具は持っておいた方が良いです。いくら体験と言っても無償ではなく有償でサービスを行うのですから、接客をすることになるためメイク直しの道具や一からメイクを作る道具は持参をしておいた方が良いです。きちんとメイク道具を持って来ている方が心象はずっと良くなりますし、メイクが崩れた状態でお客様の前に出なくて良いので顔を気にしながらサービスを行う必要が無くなります。

履歴書は必要?

ki

普通のアルバイトなら絶対に持参をしなければならない履歴書ですが、これは必要な場合と必要でない場合があります。

この履歴書がそもそも何故必要になるのかと言うと、一般的なアルバイトの場合応募をかけると必要な人数以上の応募があるためどうしても厳選しなければなりません。その人の学歴や職歴などを見て合格にするかどうかを判断するのであり、つまり応募に制限がかけられているところが厳選をするために必要になるのです。

一般層のお客様が多く利用するお店は風俗嬢の出入りも激しく常時募集をしており、採用人数に上限がないため雇う側は上限が設けられた一般のアルバイトほど厳しくする必要がありません。篩にかけるのは面接をして決めれば良いので履歴書を貰う必要が無いのです。

大抵プロフィール作成のために面接シートを用意しているので、そこに記入をすることになりますが、サービス内容にもよりますが性的な質問についても問題なく答えられるようにしておきましょう。

履歴書が必要なケースはいわゆる高級店に応募をした場合であり、高級店が求める人材は利用客が上流階級になりますので見合った人材を選ぶ必要があります。高級店を選ぶ場合には必要になることがありますので、事前に必要なものは電話で確認をしておきましょう。

面接時に意識したいファッション

gahag-0014401275-1

身綺麗にしていない無頓着なファッションでは合格出来ないと話しましたが、身綺麗にしていても採用をしてもらえないことはあります。

どのようなファッションが好ましいかと言うと、これは一般のアルバイトと同じように常識ある格好が好ましいです。ゴスロリやコスプレといった特殊な服装では悪印象しか与えませんし、ギャルかと思わせるような服装であってもお店の人を警戒させてしまうでしょう。相手にするのは一般のお客様であり、多くのお客様はゴスロリやコスプレ、ギャルを求めているわけではありません。勿論専門店であれば話は別ですが、それでも面接の段階では常識ある格好をした方が良いです。

一般のアルバイトと同じと言ってもスーツを着用する必要はなく、スカートやワンピースといった女性らしさを感じる清楚な格好を目指しましょう。日頃からパンツスタイルが多いという場合はパンツスタイルでも構いませんが、女性らしさのアピールが出来るのはやはりスカートであり、面接官に好印象を持たせやすいという利点がありますのでスカートやワンピースの方が好ましいです。この時の靴はパンプスが良く、スニーカーやサンダルといったラフなものはNGです。ストッキングは肌色のものを用意しておきましょう。

また、タトゥーや入れ墨が入っていないかを確認するために服を脱ぐようにと要求されることがありますので、すぐに脱ぎやすい服を着ておくと良いかもしれません。見られても良いように下着は上下お揃いの、セクシーなものを用意しておくと好印象を与えられます。ただ、体験入店とセットになっている場合は私服で行くことになりますので、汚れても良い服と念のために着替えを用意しておいた方が良いでしょう。

髪型やネイルは?

img_1663

髪型は出来れば長めの方が良く、短すぎるショートはボーイッシュな感じを持たせてしまうのでお客様には不評であることが多いです。

就職であればパーマなどはNGですが、女性らしさをある程度アピールすることが必要ですから緩くパーマを掛けてふんわりとした髪型にし、ストレートであってもヘアアレンジをしてみるなどして綺麗な印象を与えましょう。髪色は金や薄すぎる茶色だとお客様に敬遠されがちですので、黒や茶色といった自然な色にすると印象も良くなります。

ネイルについてですが、これはしない方が無難でしょう。というのも業種によってはネイルを禁止しているところもありますので、下手にネイルをしてしまうと不採用になってしまう可能性が出てしまいます。

どの業種でもお客様を傷つけることがないように爪は短く切りそろえておくようにしましょう。

具体的にどのような質問があるのか

img_7965

面接で一番気になるのがどのような質問をされるか、ということでしょう。

【経験の有無】
どの風俗店でも共通して聞かれるのはまずキャリアについてです。このキャリアというのは職歴のことではなく、風俗店での経験についてですので一般のアルバイトや仕事、学業についての話はしなくて大丈夫です。風俗のほとんどは未経験OKですし、経験者だけが循環して成り立っている商売ではないので、未経験であることがネックになることはありません。ただ経験がある場合は試用期間を短くし研修を省いて働きやすい環境を整えてくれることがあるため、正直に話してしまっても悪い影響はありません。

【働く期間】
次に聞かれるのは勤務はどれくらい出来るのか、どのくらいの期間働くのかということです。風俗は長期間働く人よりも短期間で辞めていく人が圧倒的に多いです。普通のアルバイトよりも短期間で大金を手に入れることが出来ますので、学費のため、生活のためといった特別な理由がない限りは長期間働く必要がないため短期間で辞めてしまいます。お店もそれを知っているので短期のバイトでも対応をしていますし、長く働けないから不採用ということにはなりませんのできちんと話した方が良いでしょう。

【稼ぎたい金額】
勤務時間についての他にもどの程度お金を稼ぎたいのかという質問も多いです。ただ何となく働きに来た、という人はまずいませんし、風俗に働きに来る人のほとんどがお金を稼ぐことを目的としていますから目標金額を知ることによってお店もどの程度の期間働いてくれるのか、しっかり働くつもりであるのか浅く働くつもりなのかの見極めをします。低く話してしまうと面接で合格出来ないと案じる必要はなく、これも正直に答えてしまって構いません。

金額の設定が無く、ただサービスをする行為が好きだから、という理由でも十分認めてくれますから特に心配しなくても大丈夫です。後はそのお店のサービスに応じた質問がありますから、恥ずかしがらずにしっかりと答えられれば問題はありません。

堂々としっかり、敬語を意識して答えられれば通過できますからまずはお店に連絡をして面接を受けてみましょう。