高収入の風俗バイト!未経験でも安心なデリバリーヘルス

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

ヘルスってどんな違いがあるの?

初めて風俗業で働こうと考えている女性にとって最も不安に感じるのは、その業種(お店)がどんなところかが全く分からないところですよね。最もポピュラーな「ヘルス」系には、派遣・出張型のデリバリーヘルス、ホテルヘルスと店舗型のファッションヘルスがあります。お仕事内容はどれも同じようなものですが、業務形態がそれぞれ異なっています。

デリバリーヘルス

デリバリーヘルスはデリバリーと名がつく通り、お客様に電話やネットから予約をしてもらい、ホテルや自宅など予約時に指定された場所へ出張して(デリバリー)サービスを行う業種です。女の子が待機するための事務所はありますが、実店舗を構えているわけではありません。現在風俗業界において最も主流な業種であり、全国各地に展開されています。

ホテルヘルス

ホテルヘルスはお客様が事務所で受付を済ませてから、受付の近くにあるホテルへ行ってサービスが行われる業種です。デリヘルと違って接客場所はホテルかレンタルルームと決められており、お客様のご自宅や遠くの土地まで行くことはありません。一度お客様が来店する(受付だけですが)というのも大きな違いです。

ファッションヘルス

ファッションヘルスは上記2つと違って実店舗を構えており、受付も接客もすべて店内で行われます。移動時間のロスがないため効率的ですし、常に男性スタッフが店内にいるので安心感があります。ただし営業できるエリアが限られているため、どこにでもあるわけではありません。

デリヘルのお仕事とは

デリヘルでは基本的に、男性(お客様)と恋人同士のような性的プレイをすることになります。口や手やテクニックで気持ちよくなっていただくのですが、それ以上の行為は法律によって厳しく禁止されています。きちんとしたヘルス店なら、違法行為はお客様にも女の子側にもきちんと禁止しているはずです。マナーを守らない行為は営業妨害になるため、お店側も厳しく対応しています。

恋人同士のような行為と言っても、好きな人にすることを一から十まで全てお客様にしなければならないわけではありません。普段は受け身で自分からはあまり動かないという人でも、研修がありますから何も分からないまま現場にいきなり出されることもありません。この研修には、女性スタッフや店長が実技講習をしてくれるところと、DVDやマニュアル本で口頭説明を受けるだけのところがあります。

トラブル防止のために

万が一お客様が乱暴な行為をしようとしても、お店に連絡をすればすぐに助けが来てくれます。しかしデリヘルの性質上、どうしても店の外でのサービスになりますから、危険性が店舗型のヘルスと違って高めではあります。女の子に危険が無いように、ドライバー(指定場所まで送り届ける運転手)をボディーガードとして接客場所の近くで待機させるところもあります。

運転手が駆け付けてくれるまでは1人でなんとか対処しなければいけません。電話は常に近くに置いておく、お店が禁止している行為はきちんとお断りするなど、できることは自分でも気を付けておきましょう。この「上手に断る」方法を覚えるために、あえて講習をじっくり受けて学ぶ風俗嬢もいます。

未経験でも大丈夫

デリヘルは基本的に人の出入りが激しく、初めて風俗業界に入る女の子が入店しやすい環境にあります。未経験者が気軽に面接を受けられるというのも、デリヘルの利点のひとつです。
面接を受けて合格したら絶対にそこで働かなければならないわけではありませんから、迷っているのならとりあえず面接を受けるというのでもOKですし、体験入店してから決めることもできます。体験入店はお試しでお仕事をしてみる制度で、もちろんお給料も日払いでもらうことができます。

デリバリーヘルスの気になるプレイ内容

男性のお客様に行うプレイ内容は、指定された場所に訪れてからシャワーを浴び、お客様と性交類似行為をし、またシャワーを浴びて終わるというのが一般的な流れです。お店によってはお客様に先にシャワーを浴びて待っていてもらうところや、一緒にシャワーを浴びて洗ってあげるところなど様々です。

指定場所に到着後

1時間弱のお客様が相手の場合は省かれることが多いですが、指定場所に到着をした直後はお客様の緊張をほぐすために会話やキスを楽しむ時間を設けます。特に相手がデリヘル初心者であった場合は、積極的にこちらがリードをする必要が出てきます。
他愛もない世間話をして緊張をほぐし、恋人のようにお客様と密着して話をしてキスをすることもあります。お客様がこの段階を望まずにプレイを中心に楽しみたいという要望があれば、省いてしまっても構いません。

プレイ前にシャワーを浴びる

ここも時間によって異なりますが、ゆとりがある場合は二人で浴室に入っていちゃいちゃすることもあります。浴槽にお湯を張ってお客様だけに入ってもらったり、自分も一緒に入ったりなどお店によってやり方が異なります。ここでお客様の体を洗ってあげるかどうかも店によって異なりますので、よく研修を受けてどの程度のサービスを行うのかを聞いておきましょう。

シャワー後はいよいよプレイ開始

基本的にプレイはベッドで行いますが、浴室やソファーなどでしたいという要望があった場合はそちらを優先することもあります。プレイ内容はお客様がどのようなスタンスを望んでいるかによって異なりますが、お客様が積極的に動いて体に触れたいと求めてくる場合は身を委ねてしまって構いませんし、逆に積極的に攻められたいと考えている場合は積極的に攻めて良いでしょう。最終的に射精を促せればOKです。

無理のないプレイ内容で

プレイの中身はお店によって出来るラインが異なりますし、働いている人によってもこれは無理だと感じる限界があります。お店は基本的に出来ない行為を強制することはありませんから、これは無理だと予め申告しておくことによって、ホームページでも出来る行為と出来ない行為を掲載してくれます。

本当は嫌だけど面接に落とされたくないからと我慢してしまう女性も中にはいるのですが、嫌なことを我慢してしまうと長続きしません。自分が出来ない行為は出来ないのだとはっきり店に伝えておくことで、安心して働くことが出来ます。ただし、店としてはここまではやってもらいたいという要望がありますので、店の要望に応えられない場合は先に話をしてよく相談をして折り合いを付けておくとトラブルに発展せずに済みます。

プレイ後のシャワー

既にプレイを終えた後ですから、特別性的なサービスを必要としない段階ですが、代わりにトークなどで余韻を楽しむように雰囲気を作る必要があります。難しく考える必要はなく、世間話を楽しむくらいの感覚で構いません。黙っていたり会話に応じようとしなかったりとコミュニケーションを拒否する態度を見せなければ問題はありません。
シャワーを終えた後はお支払いとなり、お客様からお金を貰って先に部屋を出ます。

このような流れを経ますが、未経験者の場合は最初から高度な技術があるわけではないので研修期間という形で予め店側が不慣れな新人であることをアピールしてくれます。お客様も慣れた人のようにしっかりとしたサービスが出来ないことを分かっていて指名してくれるので、ある程度はお客様に甘えてしまっても構いません。

難しいように感じても何度か繰り返せば塩梅が分かるようになりますし、店もフォローをしてくれるので安心して働くことが出来ます。

デリバリーヘルスではどれくらい稼ぐことが出来るのか

働く中身についても気になるところですが、もっとも気になるのはデリヘルで働いてどの程度の収入が得られるか、ということでしょう。風俗は一般的に稼げる職業だと言われますが、どの程度の収入が見込めるのかを知っておかないと一歩踏み込めないという人も少なくはありません。

平均してデリヘル嬢がひと月に稼ぐのは30万~40万円ほどで、平均出勤日数が10日というデータがあります。1日辺りで3人から4人程度を2時間ほど相手にしたと考えて、10日働いた場合ですから普通にOLとして働くよりもずっと高収入であると言えるでしょう。

デリヘルの場合は全く経験のない素人であっても研修をきちんと受ければ仕事が出来るようになりますから、人気があるのも頷けます。1人に対してのプレイ時間が長ければ長いほど日当が良くなりますので、本気で稼ぎたい人ほどプレイ時間が長い方を好む人が少なくありません。

風俗は稼げないと言う人がいるのはどうして?

しかし、風俗店では稼げないと言う人も一定層います。デリヘルで働けば確実に稼げると言えない事情が裏側には存在しています。平均値を稼ぐ人もいれば、平均以上の月収を得ている人もおり、そしてそれを遥かに下回る人も当然中にはいます。

もちろん本業とかけもちしているため長時間はシフトを入れることが出来ず、思うように稼げないという人もいますし、そこまでしっかりと稼ぐつもりはなく、そこそこ楽してお金が手に入ればそれで良いかなという人もいます。稼げないというのはそれぞれ事情もあるということは頭に入れておきましょう。

また風俗には同じ業種でも店に等級があり、高級店か大衆店かの違いがあります。これはお店の公式サイトで料金表を見てもらうと一番分かりやすいのですが、例えば1時間当たりのプレイ料金を30,000円で設定しているところと、7,000円設定のお店では、同じ仕事内容をしていてももらえる額が違ってくるのは当然です。

お店によって給料体系は異なりますが、一回のプレイでお客様が支払ったうちの何割かを店が売上としてもらい、残りを給料として支払うスタンスがほとんどです。単価が安ければ支払いが安くなるのは当然ですね。よってお客様に求める対価に差がある以上、一回のプレイで支払われる報酬額にも当然差が出ますし、プレイの値段が安ければ安いほど支払われる金額も安くなるというわけです。

こうなってしまうと多く数をこなさなければならないため、1ヶ月フルに働いてようやく平均値に達するかどうかということになってしまうのです。最初のお店選びの段階で失敗をしてしまうと、1人しか相手にしていないのに1万5000円貰えたという人と、何人も相手にして1万円を下回ってしまったという結果に陥るので注意をしなければなりません。つまり、この最初のお店選びで失敗をしなければ十分に稼ぐことが出来ます。

デリバリーヘルスで働くメリット

デリヘルでは一般的なアルバイトなどと比べて短時間で高収入を得ることが出来るのが魅力ですが、メリットは収入ばかりではありません。女性ならではの理由や時間など、働く面にもメリットがあるのです。

時間や体調に合わせて都合が付けやすい

風俗ではない一般的なアルバイトは大抵シフト制や時間が決められているため、この時間からこの時間までは特定の場所にいなければならないという拘束をされる形になります。「どうしてもこの日に予定を入れたいのに仕事があるから行けない…」ということも少なくありませんが、デリヘル店の多くは自由出勤制度をとっているので、自分の都合に合わせてシフトを組むことができます。

女性の場合は生理がありますし、体調の変化も男性に比べれば起伏が激しいのでどうしても調子が悪い時というのは出てしまいます。デリヘルは女性の職場ですから女性の体調管理を優先してくれますし、生理ならきちんとお休みをくれますから、体調管理がしやすいというのも大きなメリットです。

こういった都合の付けやすさから副業として風俗を選ぶ人も多く、本業に支障が出ないように行えるのも魅力と感じています。

店舗型ヘルスよりも営業時間が長い

店舗を構えるファッションヘルスは営業時間が24時までと定められているため、24時間営業をすることが出来ません。定められた営業時間内でしか働くことが出来ないため、自分がこの時間ならば空いているのにと思ってもお店との都合が付かない可能性があります。

デリヘルの場合は実店舗を持たないため、深夜・早朝営業をしているところや、中には24時間営業のところもあります。例えば本業や学校が休みの日に朝からしっかりと働きたい時は希望通りに働くことが出来ますし、夜は都合が悪いから日中に働きたい、逆に夜から働きたいと働く人のニーズに合わせられるのです。

自分が働ける時間が毎日決まっているのであれば店舗型でも良いのですが、一定の時間ではなく働ける時間が変動をしている場合はデリヘルの方が働きやすいでしょう。

自分の年齢を気にしなくて良い

風俗と言うと若い子しか働けないというイメージを持つ人もいるかもしれません。一昔前であれば確かに若い女性が多く30代以上の女性は少ない傾向にありました。しかし今では30代や40代以上のいわゆる熟女と言われる世代が活躍しており、熟女系や人妻系と言われる年齢層が高めの女性を集めたデリヘルも多く存在しています。

年齢層が高めのデリヘルの需要は十分にあり、あえて熟女系や人妻系を選んでサービスを受けたがる男性もいますので、10代や20代の若い女性ばかりが活躍する職場ではありません。
30代以上の女性は人生経験が豊富であるため、細やかな気遣いが出来たりプレイの内容が上手かったりと様々なテクニックを楽しみたいという目的があります。もし、自分の年齢が若くはないからと考えて一歩踏み出せないのでいるのならば気にしなくても大丈夫です。

シングルマザーや小さい子供がいる女性でも働きやすい

家に小さな子供がいると、働きに出られないという女性も多いです。こうした女性が働きに来ることを想定して、託児所完備や紹介制度のあるデリヘルが増えています。デリヘル業を行う営業所内に設けられているわけではなく、託児所と提携して子供を預けやすくしているのです。

0歳から預けることが可能で、優先的に子供を預けることができ、料金を割り引いてくれるなどのサービスがありますので、使い勝手は自分で見つけて預けるよりもずっと良いです。仕事中に子供の心配をしなくて良いのは精神的にも楽になります。
子供を預けて働きたい場合は「託児所完備」と求人に書いてあるデリヘルに問い合わせて一度話を聞いてみると良いでしょう。

失敗しないデリバリーヘルスの選び方

在籍嬢の人数

お金をしっかりと稼ぐには、仕事内容はもちろんですがきちんとしたお店選びも必要です。お店を選ぶ時にまず見ておきたいのは回転率と客単価、そして在籍人数の多さです。お店のスタンスにもよりますが、在籍するスタッフが少ないというのは勤務態勢に何か問題がある可能性があります。

客の立場から見れば、少ない人数しかいないということは女の子を自由に選ぶことが出来ないわけですし、今遊びたいから連絡をしたのにその女の子が別の客を相手にしているから遊べないということもあります。
こうなってしまうとお客様は特に遊びたいと思っていなかった女の子を選ぶか止めるかの二択しか無くなり、不満が多くなって利用をしなくなってしまうでしょう。

このようなお客様が増えてしまうと結果的に利用する人が少なくなり、待機時間ばかりが増えますから女の子達も辞めてしまい、回転率も悪くなって客を呼び込むために客単価を下げるので、更に稼ぎにくくなるという負のスパイラルに陥ります。

なのであえて少人数でやっているというところでなければ、それなりに女の子が多いところの方が、利用するお客様の立場からは選びやすく遊びやすいので客入りが良くなるのです。
※オープンしたばかりの新店では人数が少なくて当然ですので、そういうところは逆に「入りやすい」というメリットになります。

客単価・回転率

客単価を求めるか回転率を求めるかはその人がどう働こうと考えているかによりますが、回転率も良くて客単価も高いというのはなかなかありません。大体どちらかが良いとどちらかが悪いという反比例の関係にありますから、回転率を求めるのならば客単価が低いところを選び、逆に客単価を求めるのならば回転率が低くなることを覚悟しておく必要があります。

その中間くらいのところを選んでおくのも良く、風俗で働くこと自体全くの初心者である場合は回転率の高いところや中間くらいのところを選んで、研修のつもりで働いてみると良いかもしれません。

客単価が高くなればなるほど要求されるサービスは質の高いものになりますので、接客業などを経験して接客マナーが完璧に身に付いているというわけでないのなら出だしは低めから出発して慣れた頃に客単価の高い方へ移るというのも一つの手でしょう。

お店を見比べてみよう

デリヘルは1店舗だけにするのではなく、その店がどういうところかの雰囲気を掴むために複数面接を受けると良いでしょう。風俗も一般のアルバイトと同じようにその場で採用をされて即決しなければならないわけではないので、後から辞退しても構いません。

気を付けた方が良いのはその場で個人情報を記入させて情報を得ようとするところです。大体の場合、個人情報は話し合いをしてここで働くという方向性が明確になった後に記入を促すものですが、最初から記入を求めるところは個人情報の扱いの面でも不安を感じた方が良いでしょう。

また、働く上で悪いところについてもきちんと伝えてくれるところは信用出来ますし、事前にネットでお店の情報を集めておくのも良いです。そして性的なサービスをする以上性病の問題は極めて重要ですから、衛生面などどのように対策をしているのかを聞いておくのも重要です。

本気で稼ぐなら高級デリバリーヘルスという手も

客単価の高いところは高級デリヘルで、月に30万~40万円以上、と平均値を上回る稼ぎが期待出来るところです。月収100万円といった稼ぎも決して夢ではなく、本気で稼ぎたいと考えるのであれば高級デリヘルを目指すのも良いでしょう。

ただし、高級と付くように基本的なサービスは一般的なデリヘルと大差が無くても客層が大体は富裕層ですので品の良さやマナー、教養などが必要とされます。容姿が人よりも優れていることを挙げるところもありますが、実は然程この辺りは重要ではなくお客様を不快にさせずに良いサービス提供が出来るかどうかということが最も重要になります。

客単価が高いので収入も見込めますし、高級を売りにしていることから店側も客に対してはマナーを厳しく求めます。無理強いをされて嫌な行為をされた、ということになりにくいのが高級デリヘルの強みでもありますから女性にとっても安心して働ける場と言えます。

接客業を経験している、知識には自信がある等やっていけると自信がある場合は積極的に高級デリヘルの求人へと申し込むと良いでしょう。自分に合ったお店探しをして、目標金額を稼いでいってください。