風俗で安心出来るアルバイトするならファッションヘルスを選ぼう

ファッションヘルスとは?

ファッションヘルスはデリヘルやホテヘルと違い、店舗のみで完結したサービスを行うことが特徴です。
箱ヘルや店舗型ヘルスとも呼ばれ、九州ではメンズスパ、トクヨクと名称が異なりますがファッションヘルスとサービス内容は変わらないのでメンズスパやトクヨクという言葉が出てきた時は同一のものと考えて下さい。

ヘルスですからプレイ内容は前戯が中心になり、性交類似行為をすることでお客様に気持ち良く楽しんでもらうようにサービスすることが仕事になります。

デリヘルやホテヘルと違いプレイ時間が短めに設定されており、かつ出張型サービスとは違って移動時間が短縮されるためお客様の回転率は非常に良く何人ものお客様を一日のうちに相手が出来るのが強みです。

風俗は基本的に出来高制ですので、たくさんのお客様を相手にすれば収入を多く得ることが出来ますから回転率の良さは重要になります。

お客様として来店する男性にとってもホテル代がかからないというのは大きなメリットになる上に一度店舗に入ってしまえばプレイが終わるまで移動をしなくて良いので、知り合いに出くわしてしまう心配をすることなくプレイに専念出来るので入りやすいのです。風俗を利用したいけど知り合いに会いたくないし自宅にも呼びたくないという男性にとっては非常に使いやすいサービスになるので人気があるのです。

店舗内でのサービスになる強みを活かして、コスプレやイメクラといったシチュエーションを活かした設定も出来るため、例えば女子高生とプレイをしているような感覚を味わいたい場合は制服を着用してもらったり、看護師とプレイをしたい時はナース服を来てもらったりとそういった楽しみを柔軟にすることが出来ます。部屋自体も電車内や女子高生の部屋のように作ることも出来ますので、ホテルや自宅では出来ないようなプレイを楽しむことが出来るという魅力を求めるお客様も少なくありません。

そういったオプションに特化をしているところもあれば、デリヘルやホテヘルと変わらないサービスを行うところもあるとコンセプトについては店によってまちまちです。

応募をする前に一度どういうお店であるのかをきちんと確認して調べた後に、面接の場でももう一度お店のコンセプトをよく聞いておくと想像と違うというミスマッチを防ぐことに繋がります。

ファッションヘルスで働くメリット

ファッションヘルスで働くことによって得られるメリットは多くあり、女性にとって非常に配慮をされたシステムになっています。

外に出て移動することがない

ファッションヘルスは店舗内で完結しますから、デリヘルやホテヘルと違って外に出る必要がありません。

デリヘルの場合、事前にお客様がどういう人かを確かめることが出来ないため、そのお客様が知人であったとしてもサービスを拒否することが出来ません。

特に副業として働く場合、同じ会社の人が利用をしないとも限りませんしうっかり同じ会社の人がお客様になってしまうと無用のトラブルを招くことにもなりかねません。

お客様が知人でなかったとしても、ホテルに入るところを知人が見ている可能性もありますし、出張型サービスは人に見られる可能性があることを考えておかないといけないので風俗で働いていることを知られたくない人は常に周囲に気を配る必要が出てしまいます。

店舗型であれば外に出る必要が無いため人の目を気にする必要もありませんし、知り合いに会ってしまうのではないかという不安に晒されずに済みます。

お客様をモニターやマジックミラーから確認できる

外で知人と会ってしまう可能性は少なくても、お店に来店することは十分に考えられます。

特に働いている場所が自宅の近くであれば、来店する可能性は高くなりますから知人にサービスをしなければならないということも起こり得ることです。

それでも構わないのであれば良いのですが、困るという人の方が多いでしょうから万一の事態に備えて受付にモニターやマジックミラーを設置してお客様を観察出来るようにしています。もし知人が来てしまった場合は接客NGと受付に実際に顔を見ずに伝えることが出来ますし、サービスを開始する前にお断りすることも可能です。

風俗では自分の素性を隠したい人が多く働いているため、素性が明るみに出ないようにと配慮をしてくれますし不測の事態でも柔軟に対処をしてくれます。

トラブル発生時に心強い

デリヘルやホテヘルは出張型サービスのため、2人きりに何らかのトラブルが発生したとしてもすぐには駆けつけることが出来ません。

しかしファッションヘルスは店舗内でのサービスのため、何かあった場合にすぐに駆けつけて問題を対処してもらうことが出来ます。ファッションヘルスでは万一トラブルが発展した時に、問題に対処出来るよう、必ず男性スタッフを用意しています。

ごく少数とはいえお金を払っているのだから好きにしてもいいだろうと乱暴な行為に走ろうとするお客様もいますので、そういったお客様に乱暴にされて傷つく前に対処をしてもらいやすいので安心して働けます。

個室待機が出来る

アルバイトで働きに来ていると言ってもお客様からの指名が無ければ基本的には待機となり、その間は待機室で待つことになります。

同じお店で働いている人であっても人によっては商売敵とピリピリしていることもありますし、商売柄風俗で友達を作りたくないと考えている人も中にはいますから全ての従業員が友好的とは限りません。

それに待機時間が長くなればなるほど気まずい思いもしますから、ファッションヘルスの場合は個室で待機出来るようにしてくれるため、気まずい思いをしながら待機をする必要がありません。個室でゆったりとお客様を待つことが出来ますので、安心することが出来ます。

アリバイ対策をしてくれる

風俗が本業でそれ以外に仕事をしていない場合、正直に風俗で働いていることを告げるとあまり良い顔をされないことが多いです。

例えば就職に失敗してお金を稼ぐために風俗でアルバイトを始めた場合、親にどういうところで仕事をしているのかということをいずれはきちんと伝えなければならなくなります。風俗では勤務証明になるものが基本的にありませんから、何処の会社で働いていると嘘を吐いたとしても、在籍確認を行われてしまえば嘘が呆気無く発覚してしまいます。

ファッションヘルスの中にはアリバイ会社と言ってその人があたかも風俗ではなく一般企業に勤めているように誤魔化してくれる会社と提携をしていることがあります。

名刺やビジネスメールのアドレス、社員証、給料明細の発行、在籍確認に対応などのサービスを行っているため、家族に発覚する危険性を回避することが出来るのです。

しかし何処でもアリバイ会社を使っているわけではないので、絶対にバレるわけにはいかない場合は事前にお店に話を聞いてみましょう。

ファッションヘルスではどんな人が働けるか

ファッションヘルスで働くことに魅力を感じても、人によっては雇ってくれるのだろうかと不安になることがあります。多くの場合、面接で落とされるのではないかと不安がる要素は年齢と容姿です。

年齢という不安

風俗で働く時にネックと思えるのは年齢でしょう。

サービスをする女の子はとかく若いイメージがあり、男性は若い女の子が好きなのだろうと女性は考えがちなのですが、実は一概にそうは言えない現象があります。

90年代前半までは風俗というと若い女の子が中心であり、30代や40代、それ以上の需要は極端に少なかったという背景があります。

しかし90年代後半からは爆発的に風俗嬢の高年齢化が進み、今では人妻系、熟女系といった高年齢層の需要が拡大しています。90年代後半というとバブルが完全に弾けて不景気に突入した頃であり、利用するお客様もバブルの頃のように自由に遊ぶお金が手に入らなくなりました。

それまで旬とされていた年代の子と思うように遊ぶことが出来なくなると、次第に旬を過ぎてプレイ料金が安く設定された人妻系や熟女系に流れるようになり、一ジャンルとして確立するようになったのです。

今はどの年齢層でも風俗業界に入ってサービスを行っているので、70歳や80歳という高齢者でもなければ年齢がネックになるとは考えなくて大丈夫です。

それに、年齢が高い人妻系や熟女系はテクニックが若い子よりもあり、接客も丁寧と人生経験があることをメリットとして見てくれるお客様ばかりが利用するので若さだけが特権ではないのです。

容姿という不安

風俗嬢は綺麗な人に越したことはないでしょうが、では美人でスレンダーな人しか雇っていないかと言えば決してそんなことはありません。

容姿が普通で中肉中背であっても風俗業界に飛び込んでサービスを行っている人もいますし、逆に完全に太っている人であっても風俗嬢として活躍している人もいます。人の嗜好の幅が広いように、風俗のジャンルも幅広く存在しています。自分はこうだから駄目、と思わずに飛び込んでみると意外と採用をされてしまうこともあるので初めから決めつけない方が良いでしょう。

ただ、お店のコンセプトに合わない場合は容姿が原因で断られることもありますので、それは覚悟をしておいた方が良いかもしれません。

お店が雇いたいのは確かにモデル並みに美しい子もあるでしょうが、それ以上に雇いたいのは仕事への熱意がある人です。頑張って働いてお金を稼ぎたい、そういう意識があると仕事もきちんと頑張ってくれますからお店としても安心して働かせることが出来るのです。お店の本音としてはしっかり稼いでくれる人を雇いたいのですから、容姿が今ひとつであったとしても性格や熱意、テクニックなど輝くものがあれば採用をしてくれます。

自分に自信がない人は仮にモデル並みの美しさを持っていたとしても面接で落とされますので自信を持って挑むようにしましょう。仮に落ちたとしてもそれは魅力がないから落とされたのではなくお店のコンセプトに合わなかっただけのことで、一般的なアルバイトの面接と理由は同じです。

自分には魅力がないと考えずに別のお店で面接を受けるようにしましょう。

ファッションヘルスの失敗しない選び方

働く上で最も重視しなければならないのは、自分が働きやすい店を見つけるということです。

お店はたくさんありますから何処で働いても基本的には構わないのですが、それでも面接に通過出来るようなファッションヘルスでなければなりませんから、事前によく吟味をしておく必要があります。

お店のコンセプトをきちんと把握すること

面接で落とされてしまう要因の一つとして、コンセプトとのミスマッチがあります。

例えば女子高生風を売りにするお店で30代の女性が入ってくるのは違和感がありますし、年齢だけが若くても20代後半くらいに見えてしまってはコンセプトと合いません。女子高生の格好をした女の子とプレイがしたい男性にとっては見た目も重要な要素となります。また、ぽっちゃり型のヘルスでモデル体型の女性がいるのもおかしいですよね。お店のコンセプトをきちんと理解した上で申し込まないと面接で落とされる可能性が高くなります。

お店のコンセプトをきちんと理解した上で自分がどのジャンルに当てはまるのかをよく考えておくと、このミスマッチで通過しないという事態を避けることが出来ます。

稼げるお店を見つけよう

ファッションヘルスでの値段設定は全て同じというわけではなく、お店によって高い低いがあります。お客様から貰う料金の何割かが給料になりますので、出来る限りこのお客様から貰う料金が高い方が良いということになります。

しかしこの割合についてもお店によってまちまちなため、高額の料金を貰っていても給料には5割程度であり、安くても7割還元されるなど様々です。

実際に面接を受けた時に聞いてみるのが一番早いのですが、お店そのものが儲かっているかどうかを判断するには積極的に広告を求人サイトなどに流していることと、オフィシャルページの更新が早いことなどを見ておくと儲かっているかどうかの判断になります。

広告を流すように依頼するためには広告料を払わなければいけません。広告があるということは裏を返せば広告を流せるだけの余力があるのですから、儲けがあると見ることが出来ます。

オフィシャルページの更新が頻繁であるということはそれだけ集客に力を入れているということで、広告を流せる力があることと集客に力を入れていることから設けが継続的にあると判断出来るのです。

プレイの内容をよく見ておこう

実際に働いてみてこんなはずじゃなかった、と後悔するのは事前にプレイ内容をよく確認しておかなかったことによるミスマッチです。

基本的なプレイ内容は大差がないと言っても、お店によってはハードなプレイを要求されることがありますし、逆にソフトなプレイでOKとしているところもあるため自分の体力に見合ったお店を選ばないと稼ぎたい額を稼ぐ前に辞めざるを得なくなってしまいます。

プレイの内容はお客様向けのオフィシャルページで見ることが出来ますから、出来そうかどうかをきちんと把握してから面接に応募をしましょう。

自分にとって働きやすい環境かどうか

プレイなどには関係しないところですが、例えば幼い子どもがいる場合や住み込みで出来る場所が欲しい時など働く先に託児所や寮が完備されていないとなかなか思うようには働けません。

シングルマザーが働きに来ることを想定しているため、子どもの扱いについてはかなり力を入れているとはいえ、全てのお店が思うような子どもへの配慮をしてくれるとは限りませんからよく調べておく必要があります。

これは電話で直接問い合わせても良いですし、メールの問い合わせフォームから聞いても構いません。心置きなく働けるように自分が気になる条件は全てチェックしておきましょう。

面接や体験入店で確認しておきたいこと

本格的に働く前に、面接や体験入店を通して本入店ということになります。

この時もただ聞かれた通りに答えるのではなく、こちらからも積極的に質問をしておいた方が働いた後にミスマッチやトラブルを防ぐことが出来ます。

面接で聞いておきたいこと

最初に聞いておきたいのは待遇面です。

多くは求人サイトで待遇についていろいろと書かれていますが、自分が望んでいる待遇や抱えている問題などによっては希望の待遇があるはずです。

先程のシングルマザーや住む場所なども待遇面の一つですし、求人サイトだけではなくもう少し突っ込んで聞いた方が良いこともありますから遠慮せずに積極的に聞いてみることをおすすめします。

この待遇を勝手に都合の良いように解釈してしまうと、後のトラブルに発展しかねませんので事前に良く聞いておきましょう。この時メモ帳などを持っておくと書き込むことが出来ますので、メモ帳と筆記用具は用意するようにしましょう。

また、やる気があるというアピールをするために客層について聞いておくのも良いでしょう。お店のコンセプトによっては特定のお客様が集まるということも考えられますし、自分が今まで相手にしたことがないお客様である可能性も低くはありません。上手く接するためにはどうすれば良いのかというコツを聞き出しておくと、やる気があると思わせることが出来ます。

あとは講習の有無についても確認をしておくと、未経験の人は安心出来るでしょう。お店で働く以上、経験者であっても未経験者でも何らかの講習は行うでしょうが、しっかりと実践を交えてやってくれるのかDVDなどを見て終わりになるのかは店によって異なります。どのような講習を望むかは個々によって違いますが、自分が安心出来る講習をしてくれるかどうかを聞いておくと安心して仕事に入ることが出来るでしょう。

聞く事とは少し外れますが、やる気を見せても服装がだらしなく、態度が悪ければ不採用になりますので、服装は清楚に見える女性らしい清潔感のあるものを、一般のアルバイトの面接を受けに行って合格する程度のマナーを身に付けておくと失敗することはないでしょう。

体験入店で確認しておきたいこと

体験入店で確認したいのはお店での仕事の流れです。

プレイ内容は然程変化がないとはいえ、お店にコンセプトによってはこれはしなくてはならないという一般的な流れに追加されることもあります。

特に未経験の人はどういうことをすれば良いのか全く分からないということもありますので、念入りにしておかなければなりません。体験とはいえ実際にお客様を取ってプレイをするので、いくらお客様が不慣れであることを分かっていて指名していると言っても体験入店でもお金が発生しているので何も出来なかったで終わらせるわけにはいきません。お店によってはNGとされていることに幅がありますので、よく事前に確認しておきましょう。

面接の時に聞いてしまっても良いのですが、給料面についてもきちんと確認をしておいて下さい。お客様とプレイをした何割かがお給料として反映されるのですが、どの程度の割合で反映されるのかを聞いておき、指名料やオプションを使用した場合のバックがどれくらいなのかも合わせて聞いておくと良いでしょう。

また、雑費についての扱いも確認しておく必要があり、罰金制度があるかどうか、あるとすればどのような時に罰金が発生するのかも聞いておかないと思わぬところでお金を取られる可能性も出てしまいます。

見ておきたいのは指名を取っている子の特徴や、集客力があるかどうか、そしてスタッフの対応です。働く以上はお客様が指名をしてくれないと何もすることがありませんし、自分から私を指名してと誘うことも出来ないので待つしかありません。客入り事態が悪ければすることはますます無くなってしまうので一日の集客力がどの程度なのかも見ておかないと思うように働けないということにもなってしまいます。

それにスタッフの対応が悪ければ実際に働き始めて苦労をしますから、敬語が使えるか、働く女の子への対応はどうなのか、フォローやケアがあるかどうかなどをしっかりと見ておいて下さい。

自分が出来るサービスを見極めよう

風俗業界未経験者にはファッションヘルスが特に働きやすく、何かあればすぐに助けを呼べるので安心が出来ると言われています。

お客様に喜んでもらうことが基本ですから、自分がお客様に楽しんでもらえるようなサービスを自身が何処まで出来るかをよく見極めてから選ぶようにしましょう。