風俗アルバイトをするならホテルヘルスの衛生管理を知っておこう

衛生管理ならホテルヘルスが安心

風俗でのアルバイトを検討している人は少なくありませんが、不安要素に性病の問題があります。

性的なサービスを行う以上、どうしても性病の問題が付きまといますし来てくれるお客様全員に性病検査を実施してからプレイをするのは現実的ではありませんから100%完全に性病を防ぐことは難しいです。

しかし性病に感染しないように予防する努力は出来ますし、万一罹ってしまったとしても早期に治療をすれば治るものの方が圧倒的に多いです。お店がどのくらい衛生管理に努めているかによって性病のリスクを減らすことが出来ますし、徹底した衛生管理をしているお店であれば安心して働くことが出来ます。

ホテルヘルスの場合、デリバリーヘルスと違ってお客様をしっかりと確認することができます。
お客様を見ることによって、受付をしたお店側が事前にお断りをすることも出来ますしモニターでお客様を見ることが出来れば女の子から断ることも出来るので、どういう人か分からずに接客することはないという点では、安心できます。

また、そればかりではなくデリバリーヘルスはお客様が指定をした場所に派遣されるので、どのような環境でサービスを行うかが分かりません。少しでもコスパを良くしようとシーツをきちんと交換しているのかどうかも分からないような安いホテルで部屋を取っていたり、衛生環境が良くない自宅でプレイをすることになったりとお客様が衛生環境の良い場所に呼んでくれるかどうかは分かりません。

ホテルヘルスの場合は提携したいくつかのホテルやレンタルルームから選択をして向かうことがほとんどですので、衛生面では安心なのです。

具体的にどのような衛生管理を行っているのかを見ていきましょう。

ホテルヘルスで行われる衛生管理とは

お客様を確認できる

デリバリーヘルスと違って受付を通しての指名になりますから、受付のスタッフはお客様が女の子を選んでいる間に清潔な客かどうかを見ます。

あからさまに不衛生なお客様であればサービスをお断りしますし、爪が長い場合は爪切りを用意して切ってもらうこともあります。爪には雑菌が繁殖しやすくごみも溜まりやすいですから女の子を傷つけないために切りそろえた爪で、清潔にした状態でプレイしてもらいます。

何処かで待ち合わせて一緒に移動する場合は移動時間でお客様の衛生状態を直接確認することが出来ます。不衛生と思えば自分でも断ることが出来ます。

プレイ前に使用する薬用ソープやうがい薬

指名を受けてホテルへと向かう時、指名を受けた女の子はプレイで使用する道具を持っています。それにはアダルトグッズばかりではなく、ボディソープやうがい薬も含まれています。

セーフティにプレイを行うには出来る限り綺麗な状態を維持しなければなりませんし、不潔な状態でいってしまうと性病とまではいかなくても粘膜に炎症を起こす可能性も皆無とはいえません。

薬用ボディソープを使うことで普通のボディソープよりも清潔に保てますし、これを使われて痛がる人は傷があることが多いのでプレイ内容を見直すことも出来ます。向かう場所がレンタルルームではなく、ホテルだと備え付けにボディソープがありますので、殺菌消毒剤を渡されることもあります。これは直接塗布するのではなくボディソープに混ぜて使うもので、性病感染を予防することが出来るのです。

性病は粘膜の接触で感染をしますから、口を使って性器を刺激するようなプレイをした場合口腔内で感染するリスクがあります。キス病といって感染力が強い病気の場合、キスでも感染することがあるので口腔内の消毒を徹底しなければなりません。お客様にプレイ前にお風呂に入ってもらい、歯磨きとうがいをしてもらうのはこのためです。最近では淋病に効果があると科学的に実証された口腔洗浄液もありますから、性病予防にはうがい薬を使っての消毒が必要です。

使用する道具の殺菌消毒

ヘルスのサービスの中には道具を使用することがあり、その道具はオプションサービスとして付いてくるものです。

このオプションサービスで使われるものはホテルで購入をするのではなく、女の子がお店の道具を持って向かうことになります。この道具はお店によって対応が異なりますが、規模が小さいところほど使い捨てではなく使い回しをしやすくなりますから、殊更衛生管理が必要な道具で殺菌消毒は念入りに行わなければなりません。

女の子の体に挿入するものは衛生上の問題から道具を保護した状態で使いますが、お客様の体に使用するものは物によっては被せるものがないため、一層の殺菌消毒が必要になります。保護しているとはいえ、体液が付かないとは限りませんから注意しておきましょう。

このため道具はきちんと殺菌消毒を行わないとお客様にうつすというリスクが出てしまうので、お店側も殺菌消毒を徹底しなければならないのです。

定期的な性病検査

どれほど清潔な状態を維持していたとしても、やはり危険性が完全に除去されているわけではないので定期的に性病の検査を受けておく必要があります。この検査の方法は提携する医療機関での検査や検査キットを使った自己検査などやり方はお店によって異なります。

どのような検査を行っているのかは面接の段階でしっかりと確認を取っておくと良いでしょう。

意外とこの検査をお店が積極的にしないところが少なくないので事前確認は必須です。

安全なホテルヘルスを選ぶ時には何を確認しておくべきか

残念ながら衛生管理を全てのホテルヘルスが徹底して行っているかと言うと、やはりお店によって差があり全く管理をしていないところから徹底した管理を行っているところまで幅広いです。

衛生管理OKと謳っておきながら実際は何もしていなかった、というケースも無いわけではありませんから風俗求人専門のサイトから見抜くのは至難の業です。

安全なホテルヘルスを選ぶために自分の目や耳で情報を集めてみましょう。

ネットの口コミを見てみよう

まずしておきたいのはネットでの口コミのチェックです。

不衛生であるお店の場合、その店で過去に働いていた、もしくは今働いている女の子からの不満は少なからずあるはずです。やはり働く以上はどうしても性病についても気になりますし、不衛生な状況で仕事をするのは辛くなってしまいます。働く女性の評判を見ておくとお店の内情が見えて面接を受けるかどうかの判断にも繋がります。

同時に利用するお客様の立場からの口コミも合わせて見ておくと良いかもしれません。お店が衛生管理を徹底していないということは、お客様側にもその不衛生さを見抜かれて少なからず良い心地がしなかった、ということがある可能性はあります。

特に風俗に慣れたお客様の場合、見極める目を持っているので悪い口コミの中に汚いなどの衛生に関係する言葉があればお店の質も見えてきます。

全てを鵜呑みにする必要はありませんが、参考までに見ておいても良いでしょう。

面接の時によくチェックをしよう

特に口コミでも悪いものが見つからなかった場合、直接お店で話を聞いてみる必要があります。

事前にお店のホームページで衛生管理についてどうなっているのかの記述があれば、その通りに行われているのかを確認のために質問してみると詳しく答えてくれます。

特に記述がない場合は衛生管理についてどのようなことが行われているのかをきちんと聞いておくと良いでしょう。特に長く働くつもりならば検査についてはどうなっているのかを聞いておかないと、こんなはずではなかったと後々後悔をすることにもなりかねません。

こんなお店は要注意!

止めておいた方が良いのは検査は自己判断に任せているというお店です。

自己判断に委ねるというのは裏を返せば徹底した管理をしていませんよ、ということですから安心できるお店ではないことが分かります。

性病の実態について何もお店が分かっていないと、性病に感染をした時に対処が出来なくなりますから感染者を増やしてしまいます。

検査をしていると答えたところでも検査しているから安心だとは考えず、頻度はどれくらいか、どのような検査を行っているかもきちんと確認して下さい。検査キットによる自己検査は医療機関で行う検査と比べて精度が低い場合が多いです。性病は感染をしたらしばらく潜伏期があるため、感染してすぐに症状が出るわけではありません。

潜伏期の段階で検査を行ったとしてもすぐに反応があるわけではなく、結果が陰性と間違った結果が出ることもあります。過去に梅毒などに感染したことがあると、完治をしていても陽性反応が出てしまうことがありますので性病ではないのに性病と判定されてしまうこともあるのです。

また、安全性の問題や使用方法が間違っているなど精度が不十分になる要素が多いので医療機関で定期的な受診をさせて検査を受けさせているところを選ぶと良いでしょう。検査の頻度は月1回くらいがベストです。

また店舗の状態についてはよく観察をしておいて下さい。いくらお客様とプレイするところではないとはいえ、表だけが綺麗で中が汚いという場合、道具の管理などが徹底されていない可能性もあります。清潔な環境を徹底しているところはお客様には見えない環境も気を遣っていますのでよく確認しておきましょう。

プレイ内容もしっかり確認!

例えば性器を舐める際はどのようなプレイ内容になっているのか等をしっかりと確認しておく必要があります。セーフティに行えるかどうかを確認しておくことは衛生管理に努めているかどうかを判断出来きる材料となります。

オプションサービスの内容の中で精液を口に含む、もしくは飲むといったサービスを行っているところはそのサービスをすることで罹患率が高くなりますのでよく聞いておきましょう。

自分でも出来る衛生管理とは

お店側が衛生管理を徹底してくれるのと合わせて出来る限り自分でも衛生面には気を付けたいところです。

最終的には自分の身は自分で守らなければなりませんから、お店任せにしておくわけにはいきません。

お客様の性器周りは念入りに洗う

プレイ前は必ずシャワーを浴びることが義務付けられており、大抵は二人でシャワーを浴びます。

お店によって体を洗う作業をお客様にしてもらうか、女の子がするのかは異なりますが、意外と男性任せにすると自分の性器を綺麗に洗うことが出来ません。垢の溜まりやすいポイントを見逃してしまいがちなので、そこを念入りに洗ってあげないとシャワーを浴びたのに不衛生ということになってしまいます。

性器を清潔に保つのが一番重要なことですから、念入りに垢一つ残さずに洗ってあげましょう。

爪の状態を確認する

受付を通しているとはいえ見逃されてしまうことがあるのが爪の状態です。

爪の間にごみが溜まって黒くなっていたりすると雑菌を体に入れてしまう可能性が高くなりますので、汚れていないかどうかをチェックしましょう。

もし爪が長く割れているようなら切ってもらうか爪やすりで削ってあげ、汚れているようなら性器同様念入りに洗ってあげましょう。

粘膜に接触しやすいのが指ですから、清潔さを保つためにも綺麗な状態にしてあげましょう。

性器が粘膜に触れる行為をしない

お客様が性病に感染をしているかどうかは分かりませんし、聞いたとしても自己申告なので嘘である可能性があります。性病に感染していないと言われたとしても鵜呑みにしてはいけません。

頭から性病に感染していると疑うのも良くないですが、風俗未経験で女性経験が皆無でもない限りはグレーゾーンと考えておいた方が安全です。

自分がお客様に性病をうつす媒介とならないためにも、直接触れるような機会を持たないようにしましょう。

プレイ後はよく体を洗うこと

プレイをした後は女の子もシャワーを浴びますが、念入りに体を洗ってお客様の体液を落とすようにしましょう。

プレイの内容ではしっかりと体に体液がかかっていることもありますし、適当に拭いて終わりにしてしまうと感染のリスクが下がりません。

洗い流すことによって感染の媒介になるものが肌から消えますから感染を予防することが出来ます。

また、トイレで排尿をしておくと菌が外に排出されやすくなりますので尿道炎や膀胱炎を防ぐことが出来ますのでプレイ後はトイレに行くと良いでしょう。

体調が悪い時はプレイをしない

性病は体内に入ってしまったとしてもすぐに発症するわけではなく、大抵は免疫力に負けて感染には至らずに済みますが、体調不良の時は免疫力が低下して感染しやすい土壌が出来てしまいます。

風邪を引いている、生理中である等免疫力が低下しやすい時は仕事をお休みしましょう。

知っておきたいお客様の見極め方

お店や自分自身でも衛生管理を頑張っていても、お客様が感染に気付いていない場合や、モラルが無かった場合は病気をもらってしまう可能性が高くなります。

そのお客様が病気を持っているかどうかを受付の段階で見極めるのは困難ですし、明らかに病気であると分かるような状態が顔や態度に出ていなければ受付の段階で断られることはありません。

裸になってプレイを本格的に始める前の段階でプレイを行っても安全な相手かどうかを見極めておかなければなりません。

シャワーの段階で体の観察をしておこう

プレイを始める前にシャワーを浴びるのはプレイの枠の中に入っており、この過程を省いて本格的なプレイに突入することは出来ません。

時折プレイを重点的にしたいからなのか、このシャワーの段階を省こうとするお客様がいますが要望通りにはしないで下さい。

まず性器を見て、通常とは違った状態であるかどうかをよく確認して下さい。
性病に感染をすると性器周辺に爛れや出血、いぼなどの通常とは違った状態になることがほとんどです。匂いも悪臭が強いと何らかの病気に感染している可能性がありますし、軽く握って黄色い体液が出る場合は膿が出ているので淋病の可能性が高いです。性病は性器周りだけではなく口からも感染しますので、口周りや体が綺麗かどうかも確認しておきましょう。不自然な赤い斑点があれば梅毒に感染している可能性が出てきますので、さり気なくボディチェックをしておくことも重要です。

また、体を洗う時に殺菌消毒剤を使うので性器に染みて痛がることがありますが、これは病気を持っている可能性が高いのでサービスを中止する必要があります。

性病の可能性に気付いた場合は無理してプレイせずに中止をして引き上げるようにしましょう。

性病の知識を持とう

そのお客様の状態を正しく見極めるには性病の知識をきちんと身に付けておく必要があります。

何も知識を持たない状況であると状態が分からず、明らかに症状が出ているのに見極められずに病気をもらってしまうことになりかねません。

衛生管理をしっかりとしていても病気の見極めが出来なければもらってしまうことになるので、性病がどのような症状であるのかをきちんと知っておくと良いでしょう。

HIV、梅毒、淋病、クラミジアなど一度は耳にしたことがある有名な性病については調べておき、男性にどのような症状が現れたら怪しいのかを知っておくことで身を守る術にもなります。

該当する症状が疑われた場合はすぐにサービスを中断することが出来ますから、身に付けておいて損はありません。

女の子の体のことを考えてくれるお店を選ぼう

どれほど気を付けていても100%予防することが出来ない以上、感染をしてしまう可能性は皆無とは言えません。もし感染をしてしまった場合、素直に感染した事実をお店に告げるようにしましょう。

月1などで性病検査を実施しているお店の場合は本人が知ると同時にお店の方にも通知が行く場合もありますので、出勤停止の措置が取られることになります。

不特定多数の人を相手にするため、性病を他の人にも広めないようにするためには完全に治ってから出勤をしてもらう必要があるのです。

特に道具を使い回しにしているお店では感染がお店の中で拡大する可能性が高くなるのですぐに行動を起こさなければならなくなります。

すぐに病院に行って治療を受けるようにすれば、性病のほとんどは長引かずに完治します。

きちんと衛生管理をしているお店を探し、女の子の体に配慮をしてくれるお店で働くようにしましょう。