セクキャバ(セクシーパブ)ってどんなお仕事するの?

セクパブ・セクキャバとは

どんなところなのか?

セクキャバ(セクシーキャバクラ)は店舗型風俗店になるので、店内で接客するお仕事です。キャバクラやスナックに近い感じで、店内は薄暗くなっています。そして普通にお酒やおつまみのセットなどが出てきて、その後女性が男性の横に座り接客をしていくというような流れになります。

この時にキャバクラと違うのは、男性と話をして終わりではなく体も触らせてあげるのが仕事の1つになります。様々ある風俗店の中ではわりとソフトで、ほとんどが上半身を触られようなお仕事になります。特にハードなことはしなくても良いですし、男性の性器を触ってあげる必要もありません。

だいたい1人の男性に60分から90分着くようになりますが、延長してもらうとそれよりも長い時間、その方の予算次第ではそれよりも短い時間で接客をするようになります。男性が脱ぐような行為は禁止されているところも多いので、初心者で風俗店の経験をしてみたいという方は始めにこういったお店で体験をしてみても良いでしょう。

副業にしやすい

本業の仕事があり他にも自分が好きなものを購入する為に稼ぎたい時など、セクキャバはピッタリな仕事になります。法律で深夜1時までの営業と決まっていて、その後は完全終業になり家に帰れます。
朝方まで仕事をしなくても良いので、本業を行ってそのままお店に来て働き、深夜1時にはもう帰宅ができ休みの日以外にも仕事しやすいのが特徴です。

副業を考えながらもアルバイト求人を見てみると、なかなか自分の都合に合うところを探すのは大変です。やっと見つかってもあまりお金が良くないところや、細かく見ていくと条件が合わないようなところもあります。そんな中自分の都合でシフトも出しやすく、勝手にお店側で決めて無理なシフトを組まれるようなことはありません。本業をした後にお店に来るのが厳しいと感じている場合は、休みの日だけ働くだけでも十分に稼げます。

性病の心配がない

 

男性にサービスをする時には、体を触られるのですが主に上半身のおっぱいを重点に触られます。この他に局部やアナルなど下半身はダメというところが多いのですが、お尻は触ってもOKにしているお店はあります。
全身お互いに裸になって触り合うようなことはないので、ソフトなサービスともいえるでしょう。
男性の横に座った後はマンツーマンで楽しませてあげて、膝の上に乗って良いと言われたら乗り体を密着させて楽しませてあげるような仕事です。
上半身を触れるのはどこのお店も共通ですが、下半身に関してはお店によって違いがありますので、そこは重要と感じている方は働く前にしっかりと確認を取っておきましょう。

セクキャバなら、キスやタッチはあったとしても、性器の接触や口でのサービスなどがないため、性病の心配がなく働ける業種と言えます。

年齢は関係なく稼げる

基本は若い子が良いのですが、年齢が30歳超えていたとしても見た目が若い方であれば、面接をした時に即決定してその日から稼げる場合もあります。
実際に働いている方の中には40歳近くの方もおられるのですが、見た目は30歳前後でとてもかわいらしい方です。
逆に若い方なのに少し老けていておばさんのようなイメージになってしまう場合は、お店のコンセプトによっては断られてしまう可能性も出てきます。
面接に行く時にはいつ年齢を気にするよりも、相手にどのくらいの年代に見られているのかという見た目を気にするようにすると良いでしょう。
そして日ごろからスタイルの磨き、男性から見て魅力的な体になれるような努力も必要です。

収入例

時給の目安

セクキャバで働いた場合お給料はいくらくらいもらえるのかというと、その方の入ったシフトの時間の数によって変わってきます。
そして時給で換算するとだいたいですが3000円から6000円になります。
ただこれはあくまでも目安ですので、その働いているお店のある場所や景気などに寄っても変わってきますし、女性の頑張り方によっても変わってくるのです。
普通の夜間のアルバイトに比べてみても、その金額よりも遥かに高い時給になりますので、週に1回シフトに入るだけでも大きくなります。

指名を取るのが重要

収入は基本給のままでもそこそこ高いのですが、指名を取れるようになるとさらに待遇が良くなりアップします。上手に稼いでいる女性というのは指名をもらっている方がほとんどです。
お店によってはオプションを設けている場合もありますので、出来ればすべてOKにしておくとさらに稼げます。

お店で決まっているしてはいけないことはしなくても良いのですが、キスをしながら胸を触りたいなどと要求されたら受け入れて楽しませてあげましょう。男性の心も満たされますし、もっとこの女性と過ごしたいと思ってもらえます。その場で気に入ってもらえたらさらに延長してもらえて、自分のその日のお給料がアップする可能性もあります。

月収の目安

頑張りによってこれも幅があるのですが、シフトも週に4日から5日ある程度の時間入るようにすれば50万円から90万円くらい稼げます。
本業をしていて副業をしながらシフトに入っている方はそれよりも月収は少なくなってしまうかもしれませんが、それでも月に10万円前後であればハードにシフトへ入らなくても稼げるのです。
本業でそんなにお給料をもらっていない方であればこの副業としてもセクキャバから入ってくるお金が大きいでしょう。もし夢がありその為にお金を貯めて行きたい方も、本業だけで貯めるよりも副業としてセクキャバを選べば早く貯められます。

様々なコンセプトがあります

いわゆる「セクキャバ」について

だいたいのお店では下半身のおさわりは禁止している場合が多いのですが、上半身の特におっぱいを売りにしているので重点的に男性に触ってもらう仕事になります。そして舐めさせてあげたり男性の上に乗ってあげたり(着衣です)欲望を叶えてあげるのです。
中には触りたいという気持ちを持っていながら、なかなか勇気が出なくてどのようにしたら良いのか分からずに触って来ない男性もいるのですが、そのまま触られなくて良かったと終わらせずにこちらから積極的になってあげましょう。
お客様が皆始めから積極的に触れる訳ではないので、その方の様子を見ながら、こちらがリードしてあげると大変喜んでくれます。

ツーショットキャバクラについて

セクキャバと同じ意味ですが、関西では条例などの関係で「ツーショットキャバクラ」(2ショット)と呼ばれています。

いちゃキャバについて

こちら女の子といちゃいちゃして男性が楽しむものになるのですが、女の子は脱がずに接客ができます。
そういった意味ではキャバ嬢に近いものがあり服を着たまま楽しく話をしていきます。
脱がないのですが、服の上から男性が女性の体を触るのはOKになりますので、そこは理解してから働くと良いでしょう。本当に風俗店のようなところで働くのが初めてで脱ぐのも不安だという時には、いちゃキャバから始めてみても良いかもしれません。
お店によっては服の隙間から手を入れておさわりするのはOKとしているところもあり、どんなことを条件にしているお店か事前に確認する必要はあります。
かわいい衣装を着て接客し、彼氏だと思って丁寧に接客をすると指名も取れやすくなります。

仕事内容

基本は触らせてあげる

セクキャバは名前の呼び方がツーショットキャバクラやいちゃキャバと変わっても、基本的に上半身は好きなように触らせてあげるのは共通しています。ただいちゃキャバだけは服の上からで良いので、初心者でじかに触られるのも抵抗が少しあるという方にはオススメです。
そして好きなようにキスをさせてあげて、胸やその周辺なども触り舐めさせてあげて興奮させてあげましょう。
いかに興奮させるかで、その後の収入アップも変わってきます。

男性と話をしてみた時になんとなくMっぽい人の時には、少し責めるような言葉を言ってあげるとより興奮してくれます。男性を見極めて責めてあげ、逆にSっぽい男性の時には責められ上手になると喜ばれるでしょう。

トーク力も重要

男性はセクキャバへ女性の体が触りたくても来るのですが、実は会話も大切にしています。その方との会話の内容で自分が特別扱いしてもらっているような感じがするだけでも気持ちが興奮してきますし、その後にまるで彼氏のように対応されたら胸を触ったり舐めたりしていても、感じ方が変わってくるのです。

せっかくお客様がいるのに、男性も恥ずかしがり屋の無口で自分も話ができないとなってしまうと、盛り上がりにも欠けてしまいます。初めて会う人にも興味を持って話ができるスキルを身に付けたり、逆に話したいと思っている男性がいる時には聞き上手になってあげたりすると稼げるようになっていきます。

キャバ嬢やホステスも皆トーク力があり知識があるのです。日ごろから様々なことに興味を持つようにして、どんなお客様がいても一緒に楽しく話せる共通の話題を持っておくと強いです。
他にも初めての人に何から話せば良いか分からなくなってしまう方は、いくつかネタを準備しておくようにしましょう。何も思いつかなくなってしまい男性も話下手な人と感じた時にはこれを話すと決めておくと、急に何もネタが無くなってしまった時も安心です。

お店によって下半身のお触りがOKなところも

今は法律も厳しくなっていますので、下半身でも局部に指を入れてくるようなところはほとんどありません。それでもパンツの上から男性が局部を触ってくるのはOKにしているところもあります。もし初めての仕事で少しハード気味なことはできないと感じている場合は、事前にお店に話を聞いておくようにしましょう。

仕事をしてからお店の方針を知り抵抗を感じてしまうよりも、早めにどのようなことを行っていてどこからはサービスしなくても良いのか確認しておくと、せっかく仕事が決まってからやっぱり辞めるということをしなくても良いのです。
求人の内容を見ても詳しい内容が載っていない場合も多いので、電話で面接の予約をする時に聞いておくのもオススメです。

こんな人におすすめ

ハードな仕事は抵抗がある

アルバイト求人を見ていると普通の仕事では時給が安いところも多く、風俗店の仕事が気になる場合もあります。それでも始めから全裸になって男性へハードなサービスをするとなるとそれなりに覚悟が必要で、厳しいかもしれないと感じてしまうものです。
初心者の方は特にハードなプレイは抵抗を感じやすいので、始めはセクキャバからスタートしてみると良いでしょう。
様々な男性とキスをして体を触らせてあげているうちに、仕事にも慣れてきてさらにもっとハードなことをしても抵抗なく感じられるようになっていきます。
特に服を脱ぐのも恥ずかしいと感じている方は、かわいい好きな衣装を着て服の上から触ってもらえるいちゃキャバから始めて、仕事にどんどん慣れていってみて下さいね。

触られるのは抵抗ない

下半身はそこまで濃厚に触られないのですが、上半身は胸を始め舐められる場合もありますので、そういったことに抵抗がない方におすすめです。
そしてキスもしてあげて、ジャンルによっては上半身裸になり抱き合う場合もありますので、スキンシップは嫌いではない方に向いています。
逆に言えば実は男性に触られるのは好きでスキンシップも好きだけど、あまりハードなのは嫌と考えている方におすすめです。
働きながら刺激を味わえるので、楽しい仕事なのに高いお給料がもらえる喜びを感じられます。

高収入を得たい

働くからにはお金を早く貯める為にも、高収入を得たいと考えている方はセクキャバはピッタリなお仕事になります。あまりハード過ぎる訳ではないのですが、お金の面ではしっかりと貰えるので目標を達成できたり、欲しいものを購入できたりするでしょう。

もし週に1回しか入れなくても、時間も3時間程度しか出勤できない場合でも、時給が3000円もあれば結構な金額を稼げます。特に本業をしていてもボーナスが期待できず、生活もギリギリで自分のことに使うお金がないという方にピッタリな仕事です。働く店内もいかにも風俗店という感じではなく、キャバクラやスナックに近い雰囲気がありますので初めての方でも抵抗なく稼げるでしょう。

同伴もなし

一部のお店ではオプションとして同伴がある場合もありますが、ほとんどのお店は同伴がありません。
前にキャバクラで働いていた経験などがあり、仕事よりもお客様のフォローやアフターが大変だったという場合、セクキャバは触られる面はありながらもこういった同伴は行わなくても良いので長く稼ぎやすいでしょう。
仕事が終わった後にお客様へお付き合いでアウターをする必要もないので、深夜に仕事が終了したらすぐに自宅へ帰れます。

まとめ

男性の利用も多く稼げる

風俗店で高い収入が得られると書かれていても、もしお客様が来なければなかなかお金には繋がりません。
その点セクキャバは男性の利用も多く、出勤したのに待機時間ばかり長くて稼げないというような心配はほとんどありません。時給制になっていて待機している間はお金が発生している場合も多いですし、男性側から見ても料金が安く女性の体を触られるので、多少お小遣いが少ない時でも気軽に遊びに来ることができるのです。

そして最後までサービスする訳でもなく性器を触れる訳ではないのですが、その前のペッティングやキスなどの行為をしてそこで寸止めされることへ興奮されている方も多いのです。実は全て行ってしまうよりも、良いところまで盛り上がって終わる方がさらに想像を掻き立てて男性も自宅に帰ってからまた興奮ができます。

消極的な男性こそ大切に

あまりお店の雰囲気に慣れていない方や、元々女性には興味があって体を触りたいものの恥ずかしくてどうしたら良いのか分からない方もいます。そのような男性は、自分から女性に手を出せないので受け身になってしまうのです。
初めて働く場合はどのようにリードしてあげるかで悩んでしまうかもしれませんが、積極的に胸を触らせてあげたりキスをしてあげたりすると男性側も内心喜びで溢れています。

他の女性の時はもしかしたら何もしないからと言って、そんなにサービスもされていなかったかもしれません。しかし積極的に触らせて興奮させてくれる人に出会えたと思い喜びから延長してくれたり、また来た時には指名してくれたりします。元々がSではなくリードが出来ない女性は、頭の中でシミュレーションをしてできる限り消極的な男性が来た時にはリードしてあげましょう。

声の出しかたに工夫をすると良い

男性が女性の体を触ってくれるのですが、この時に演技で良いので声を出すのが大切です。
男性は五感を使って感じていますので、せっかく触っているのに何でもないような雰囲気を出されてしまうと、興奮にも欠けてしまいます。
そこで触られたら声に強弱をつけながら魅了するような声を出してみましょう。
初めは恥ずかしいかもしれませんが、段々に様々なお客様に入って声を出しているうちに、女優にでもなったつもりで出せるようになっていきます。

大音量の音楽が鳴っている場合もあったり、しっかりと周りからは見えにくいようにカーテンで仕切られていたりしている場合がほとんどですので、一緒に働いている女性に聞かれてしまうこともありません。
そして声を出す時には、できるだけ耳元の近くに行って吐息をかけるように声を出してあげましょう。
官能的に刺激されてしまいますので、下半身を触られていなくても男性は十分に興奮し、もっと女性と触れ合っていたいという気持ちにさせてくれます。

バレないように働きたい時は

セクキャバとは言え、あまり知り合いにバレないように働きたいと考えている場合は、ちょっとした工夫を行うだけでも変わってきます。特に上手に変装してみるだけでも、印象が変わって万が一知り合いの男性が来てしまってもあまり分からないまま終わらせられます。

特にオススメなのはウィッグを活用して、普段あまりしないような髪型をすると良いでしょう。特に効果的なのはショートカットの方がロングヘアになっていると、知り合いの人もあまりピンとこないので気がつきません。
オシャレな伊達メガネをして接客しても、また顔の雰囲気が変わります。
後は職場の近くや実家の近くではなく、少し距離があるものの何とか通えるお店を探して働くと、知り合いに会う可能性は少なくなります。

セクキャバのお仕事は病気のリスクも低く、頑張り次第で月収50万円以上可能なお仕事です。
ガッツリした風俗に抵抗はあるけど高収入のアルバイトをしたいという女の子は、ぜひチェックしてみましょう。