可愛くなくても大丈夫?風俗バイトで自分の魅力を引き出そう!

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

可愛くなければ風俗嬢は出来ない?

これから風俗で働こうと考える女性にとって最も気になるのが自分の容姿で、「可愛くないんですけど大丈夫ですか?」と質問する人は多いです。風俗嬢と言えば美人でスタイルも良く、同性でも思わずうっとりしてしまうような全てにおいて美しい人、というイメージをしてしまいますが、本当にそうなのかと言うと一概にはそうも言えないのです。

確かにお店のコンセプトによってはイメージ通りの美人ばかりを採用していたり、体型が美しい人を中心に採用をしたりということがありますので、美人な人しか採用してくれないという考えが誤解であるとも言い切れません。

しかしいくら外見が良かったとしてもそれで全ての人が採用になっているのかと言えば決してそうではありませんし、中にはすごい美人が不採用になることもあります。このようなことを考えると採用の基準は容姿ではないことが分かりますし、求人広告には素人OKや未経験者歓迎などの文句の他に容姿不問としているところも多いです。

容姿不問と言っていても実は綺麗な人しか採用しないんでしょう、と疑うかもしれませんが実際に働いている人の全てが美人であるとは言い切れません。確かに美人な人もいますが、何処にでもいる普通の女性がほとんどであり特別な美人はごく少数です。
身体のラインが美しいモデル並みの人もいることは事実ですが、全ての風俗嬢がそうかと言えば決してそんなことはありません。働いているのはごく普通の人であり、選ばれた美人ではないため実際のところは誰でも気軽に面接を受けて働きに行くことが出来るのです。

容姿を問題にお断りするところは特殊なコンセプトがあるところ、例えばJK風とかギャル系、熟女系などであり、基本的には容姿が採用を決める大きな要因ではありません。
では、風俗店は一体何を基準に女性を採用しているのでしょうか。

男性はそれほど深くは気にしてません

実は可愛さに強くこだわっているのは女性であり、自分は可愛くないから風俗嬢としてやっていけないと思い込んでいるだけということがあります。女性の求める可愛さと男性が求める可愛さはイコールではなく、女性が思うほど男性は容姿を気にしていない場合が多いのです。
例えばコンビニやカラオケなどに行って対応をした店員がイケメンでなかったら不快な気持ちになるでしょうか。イケメンだったらラッキーとは思うかもしれませんが、そうではなかったからと腹を立てることは通常ありません。

風俗業という特殊な仕事であるがゆえに容姿やスタイルが重要になると考えがちですが、気持ちの良いサービスを受けたいという点においてはどちらも変わりがないのです。それに、顔やスタイルの好みは人それぞれであり、万人受けする美人が必ずしも良いとは限りません。この人は綺麗だけどもこっちの子にお願いしたい、と思う可能性は高いので、大きく気にする必要はありません。

重要なのは稼げるようになるかどうか

万人受けするような美人であれば面接時に多少は有利になるかもしれませんが、そこまで大きな差があるわけではありません。お店において最も重要なのは、その子がどれほど売り上げを出してくれるかということであり、容姿ではなくその人が持つ内面の魅力を見つけようとします。
例えば会話が上手とか、誰とでも仲良く出来るとかそういったものから、自発的に話すのは苦手でも聞き上手であるとか、献身的で一生懸命頑張ろうとする意思があるなど様々です。

逆に影がある人や大人しくてほとんど会話らしい会話が出来ないという人であっても、お客様の中にはそれが魅力に感じる人もいるので一般的に求められる「明るく元気な子」である必要はないのです。
どのような人であってもお店としては本指名を取ってリピーターをどんどん増やしていけるような人が欲しいわけですから、それが出来る人が一番魅力的であると言えます。

お店は働きたい女性の良いところを積極的に評価してくれる

内面の魅力と言ってもこれといって思い当たらない、と自身を失くす必要はありません。風俗業界は人の出入りが激しく、常に人材不足の問題を抱えています。長期的に働く人もいますが、1日限りの短期バイトとしてやる人もいますし、出稼ぎで住んでいる場所とは違う場所に来て働く人もいますから、短期間で出て行く人の数は多いのが実情です。

これが普通の会社などだと人材の流出が多いのは大問題であり、内部に大きな問題を抱えているのではないかと思われますが、風俗業界の場合はむしろ人材の入れ替わりが積極的でないとお店が成り立たない場合もあります。
全てのお客様が気に入った子だけを相手にしたいわけではありませんし、固定ではなくいろいろな女の子と積極的に遊びたいと考えている人もいます。選べる女の子の数が豊富であるということは、こういった目的の人達の受け皿にもなりますし、流出や流入が多いのはお店そのもののリピーターになってもらえる可能性が高いので短期バイトも大歓迎なのです。

このような事情があるため、お店としては働きたいと面接に来た女性の魅力を積極的に見つけて評価をしようとしますし、女性のコンプレックスも魅力に変えていきます。お店が儲かるように、女の子のマネジメントを上手く行うので自分に良いところがないと悩む必要はないのです。

雇っても良いと思えるラインは?

風俗店は積極的に魅力を見つけてくれるとは言っても、全ての女性を雇い入れるわけではありません。美人であっても面接に落ちると言った通り、全ての人が受かるわけではなく、雇ってもらうにも雇っても良いと思えるラインを超えなければなりません。

嘘の情報を出さないこと

自分の容姿に自信がない女性がやりがちなのですが、写真を撮る時に加工したものを送って実際会った時と写真の顔が全然違うということがあります。風俗の場合は面接の写真を写メで自撮りして送ることも可能ですので、アプリで目を大きくしたりして綺麗な状態に加工してから転送をする人もいます。
また、スリーサイズを誤魔化したりすることもありますし、性的な事柄、例えば好きなプレイで嘘を吐くというようなこともあります。

写真を加工して送るのは常識的にも有り得ないことですが、スリーサイズや好きなプレイなどの情報はお店でプロフィールとして掲載しますので嘘があると困る情報でもあるのです。情報が嘘だと、好きなプレイがこれとあったから選んだのに実際は嫌いでしてもらえなかった、スリーサイズが明らかにおかしくて嘘だとすぐに分かったとお客様から指摘されてしまい、店の評判にも関わってしまいます。

このため事前に嘘がないかはきちんと調べておきますので、貰った情報とに違いがあるとその場で面接終了となってしまいます。どんなに自信が無くても正確な情報を出さないと、信頼出来る人とは思ってもらえなくなってしまいます。

一般的な常識が何もない人は断られる

風俗業は特殊な仕事だから大丈夫、とマナーを守らないでいると、面接で断られても仕方ありません。
一般的な常識とは、例えば面接の場で敬語を使う、挨拶をするといったこともありますが、面接中にタバコを吸わない、携帯電話やスマホを弄らないという基本的なことも含みます。普通ならば有り得ないことだと分かりますが、これは風俗だから大丈夫だと思っている人も時々いるようです。

確かに風俗は一般的な職種から見ると、そのサービス内容からかなり特殊な仕事に位置付けられますが、仕事自体は特殊でもサービスを利用するのは普通の人です。普通の人を相手にする以上、働く女の子達に求められるのは相手にする普通の人と同水準の一般常識です。
これから働かせていただくという立場でありながら、まともに敬語も使えない、謙虚な態度で挑めないでは真面目に働く気があるかどうかが分からなくなりますし、お客様とのトラブルに発展するのではないかとお店も警戒をします。

他のアルバイトよりはずっと敷居が低く飛び込みやすい業界ではありますが、求められるものは他のアルバイトと同様ですので勘違いしないことが重要です。時間にルーズなのも許されませんので、遅刻する時などは事前に連絡を入れて謝るくらいはしておきましょう。

身だしなみに注意を払うこと

いくら容姿が不問とはいえ、身だしなみまで不問であるかと言えばそうではありません。接客業ですから利用するお客様に見た目で不快感を与えないかどうかも重要なポイントになります。きちんとお風呂に入って髪を洗い、爪垢が溜まっているような状況にならないよう短く切っておき、ナチュラルメイクに整えておきましょう。

服装はスーツである必要はありませんが、出来ればワンピースなど控えめで女性らしい服装であると好印象を持たれます。面接した当日中に体験入店やプロフィール写真の撮影をすることもあるので、念のため下着もきれいなものを身に着けていくと安心です。※いきなり脱ぐことを強要してくるようなお店は辞めましょう。今日中にやるか別の日にするか、聞いてくれるのが一般的です。

どうすれば魅力的な女性になれるのか

雇ってもらえるポイントは一般的な接客業と大差がありませんので、普通にアルバイトの面接を受けに行く感覚でいれば問題はないでしょう。敬語も不快感を与えない程度に使えていれば問題はありません。
ですが、これはあくまで雇える最低ラインの話でありお店にとって魅力的かどうかという話になると別問題です。お店にとって魅力的であるのは売り上げを出してくれる女性ですから、魅力ある女性と思われるには売り上げを出せる女性だと認識してもらうことです。

ただ稼ぐだけでは真に魅力的な女性とは言えません。自分の魅力をどうアピールしてお客様へのサービスに繋げていくかということを考えないと、ある程度は稼げても頭打ちになってしまいます。お客様をたくさん得ている女性は魅力的な人ばかりであり、男性の目にはとても輝いて見えるものです。

「自分」をしっかりと持とう

お店にとって魅力がある女性が「売り上げを出せる女性」とするのならば、そうではない女性とに何の違いがあるのでしょうか。お客様の好みに合わせて振る舞える、サービスのテクニックがある、様々な要因はありますが、共通して言えるのは自分の強みを持っているということです。自分というものがどのような人間なのかをよく分析して、その上で得た情報をどのように武器に使っていくかということが重要なのです。

例えばサバサバした性格で媚びるような態度が出来ないのであれば、あえて無理矢理媚びるのではなく、その代わりサービスは徹底して行い満足して帰ってもらうなど、変化を付ければ男性はそれをギャップと捉えて心を掴まれます。自分がどのような人間で何が出来るのか、そして何が出来ないのかをきちんと知ることで自然と接客の方法が見えるようになり自分の魅力として確立させることが出来るようになるのです。

自分というものをきちんと持ち、お客様に満足してもらえるような自分に合った接客方法を見つけることが出来れば、それが最大の武器になり自分の魅力を損なわずに押し出せるのです。
風俗の接客はプレイにマニュアルもありますし、しなければならないこと・やってはならないことなどの注意点もありますが、基本的にはそれさえ守ればあとは自由です。自分のやり方が何処まで通用するのかを試すことが出来る場でもありますから、軸さえしっかりとしていれば良いのです。

逆にコンプレックスも使いようによっては武器になり、それも自分を輝かせる魅力になります。魅力は良いところばかりではなく、自分にとって悪いと思っている部分も輝かせることは可能です。この方法を身に付ければ風俗業界だけではなく、幅広い分野でも使えるようになりますので、自分というものを知るのはとても大事なことなのです。

自分の魅力を損なわないようにしよう

自分がどのような人間なのかをきちんと自己分析をして、どう武器になるようにするかを考えることは非常に重要なことですが、それをやっても上手くいかない人も中にはいます。
それは魅力の出し方が不十分であったり、自分の強みになる武器をまだ完全に見出せていなかったりなど理由は様々です。魅力を引き出す方法があるのに魅力を損なうことをしている、という問題も絡んでいます。

風俗業界で働く覚悟を決めよう

自分の強みになる武器を持っていたとしても、風俗業界で働くことへの覚悟が決められずに悩んだ状態で接客をしていると魅力も大きく下がります。この仕事をしていて良いのだろうかという悩みは態度に表れ、そしてサービスの質にも変化が出ます。
数あるアルバイトの中であえて風俗業界を選択した理由を思い出して下さい。
風俗業界でなくても問題ないような理由であれば、いっそやらないという選択をしても構わないでしょう。
しかし、風俗業界でなければならない理由があるのであれば、腹を括ってしまうことも重要な事です。

家族の生活費を稼ぐため、借金を返済するためなど幅広い理由があるでしょうが、一度やると決めたからにはしっかりとやると覚悟を決めておくだけでも自分自身の魅力は上がるのです。割り切れない、煮え切らないという中途半端な状況だとどれほど魅力的な人であってもお客さんは魅力を感じなくなります。
見た目も内面も普通に見えるような人であったとしても、しっかりと割り切りが出来ていれば仕事を頑張ろうと思えますのでやる気に繋がり、魅力的な人に見せることが出来ます。

打たれ強さやストレスケアの方法を身に付けておこう

接客業である以上、どうしてもお客様とのトラブルは付き物であり、嫌なことを強要するお客様やサービスの悪さに文句を言うお客様もいます。これは風俗業界だから、ではなくどの業界であってもサービス提供をすることを商売にしていればこうしたトラブルは少なからず出て来てしまうものです。
この時にトラブルに遭遇したことで傷ついて悩みを抱えてしまうと、やはりこれも自分の魅力を損なう要因になってしまいます。全く何も悩まないというのも問題ではありますが、されたことや言われたことを全てそのまま受け入れるのではなく、相手の行動や言動から学ぶ点は学び、必要ない点は切り捨てるようにすれば良いのです。

取捨選択の方法を知っておくと深く悩む必要も無くなり、サービスにも影響が及びません。そうは言ってもなかなか切り替えが上手く出来るものでもありませんから、次の仕事に支障が出ないようにと自分でストレスケアが出来る方法を見つけておくことです。例えばゆっくりお風呂に浸かるとか、好きな音楽を聴く、映画などを見るでも良いですし、カラオケで歌って発散するでも良いでしょう。
自分が抱えてしまったストレスを発散する確実な方法を持っておけば良いのですから、自分に適した方法を持っておけば良いのです。
打たれ強くストレスケアがきちんと出来る女性は、自分自身の魅力を損なわずにいられますので常に魅力をキープして仕事をすることが出来ます。

魅力は作れるし、挽回もできる

実際に働き始めたら自分をしっかり持っている人ほど男性にもお店にも魅力的な人と見られるように変わっていくことが出来ます。良い面が一つも見つからないのであればそれでも良いのです。
例えば自己分析をしてネガティブ思考で可愛げがないというような結論に辿り着いたとしても、ならば逆に影のある女性としてそれを売りにすれば良いのですし、その代わりサービスは徹底するなどして挽回すれば問題はないのです。

重要なのは男性の気を引くことが出来るように昇華させることですから、男女問わず人に不快感しか与えないような短所でなければ十分に武器になります。これは面接前に自分で分析をして武器を身に付けておくという方法でも通用しますし、逆に働く前に自分をしっかりと知っておくとアピールポイントも見えて接客の方法を確立しやすくなるでしょう。

しかし、それが店にそぐわないと言われて断られたとしても魅力を否定されたわけではないので深く落ち込まないことが大切です。風俗店には様々なコンセプトがあり、例えば素人であることを全面に強調して拙いサービスを売りにしているところもありますし、逆に年齢が高い人ばかりを集めた熟女系や人妻系などの分野もあります。そぐわないと言われたのは店のコンセプトに合わなかったというのが一番大きなところであり、最低限雇っても問題ないと判断されるラインを下回っているのでなければ単に相性の問題と考えて良いです。

相性の問題であればお店は一箇所だけではなく無数にあるわけですから、他にも条件が良いと思うようなお店の面接をたくさん受けて入店すればそれで問題はありません。店に合わないからと下手に自分の本来の魅力を押し殺して魅力を作り上げたとしても、自分の魅力で勝負をしている人達にはやはり敵わなくなってしまいます。

勿論容姿を武器にしても良いですが、リピートしてもらうには内面の部分でも魅力がどうしても必要になりますから、やはり自己分析は必要です。私には魅力がある、そう考えて何の魅力もないと考えて視野を狭めることがないように魅力を見つけてアピールしてみましょう。