風俗店は友達と一緒に応募もできる?

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

風俗店ってどんなところ?

風俗店の求人広告を見ると、とても高い時給や日給が設定されていることが分かります。
普通のアルバイトであればかけもちをしてもそれほど多くは稼げませんし、この広告に惹かれて応募をしたいと思う女の子は少なくないのですが、それでも気軽に連絡を取れる女の子ばかりではありません。
「風俗」というイメージばかりが先行して、「なんか危険そうだからやめておこう」と考えてしまう女の子も多いのです。

怖い人が出てくることや無理強いされることはない?

誤解の中で最も多いのが、面接を受けに行ったら突然怖い人が出て来て断れない状況になるのではないかというものです。届出を出して営業しているお店ならそんなことは普通ありませんし、そんなお店ばかりならこんなにメジャーなアルバイトになることもなかったでしょう。

求人サイトにいくつも広告を出しているお店の中には法人経営している大型店もあり、社員教育も行き届いています。お店の事務所ではなく喫茶店やファミレスで面接をしてくれるところもあるので、よく調べてみると良いです。

お客様にはどこまでするの?

お客様へのサービスについては業種によって異なります。全てにおいて性的なサービスが必要になるというわけではありません。例えばキャバクラはトークでお客さんを楽しませることが目的であり、性的なサービスは禁止ですし、お触りも許されません。うっかりお触りをしようとしたりキスを迫ったりすればボーイにつまみ出されますから女の子の安全は保たれています。

どの程度のことをやるのかは業種によって変化があるため、マッサージの延長線に性的なサービスがある場合や、完全に服を脱いでサービスをするお店もあったりとまちまちです。
自分がどの程度なら出来るのかということをよく考えた上で、気になったお店がどのような業種であるかを調べておくと失敗しない店選びが出来ます。

危険な目に遭ったりしない?

業種によっては男性と2人きりになってしまうので危ない目に遭うのではないかという不安を持つ女の子も少なからずいます。ファッションヘルスやピンサロなどの店舗型風俗店なら万一の時でも助けを求めやすいですが、デリヘルのような出張サービスを行う無店舗型のサービスだと不安もあるかと思います。
しかし、実際には呼び出された先にドライバーを配置して万一の時に飛び込んで助けられるように配慮してくれていますので、心配をしなくても大丈夫でしょう。
もちろん自衛手段を身に着けておくことは大事ですが、サービススタッフである女の子の身の安全はお店が一番に優先して守ってくれていますから、安心して働くことが出来ます。

友達と一緒に応募しても大丈夫?

やはり勇気を持って一歩を踏み出せない女の子も多いです。そんなときに、一緒に面接に行ってくれる友達がいると心強いですよね。一般的なお店だと友達と一緒というのを嫌がるところも多いのですが、嫌がらないどころかむしろ大歓迎してくれるお店もあります。お店を運営していると、お客様のニーズを満たすためにある程度女の子の入れ替えが必要になるためです。

女の子の数が増えればその分サービスを手広く行うことが出来るわけですから、売り上げが大きくなっていきます。お店としてはメリットはあってもデメリットが無いので一緒に来てくれるのは逆に嬉しいというわけです。
そのため、友達と一緒でもOKと求人広告に記載して募集しているところもあります。

友達と一緒に面接を受けるメリットは

お店ばかりにメリットがあるわけではなく、こちらにもきちんとメリットは存在しています。1人だけで面接を受けていると、疑問があっても上手く聞き出せないこともあるでしょう。友達がいれば、自分では気付かないような点に気付いて質問をしてくれるというメリットもあります。

また、2人一緒ということは過度な緊張を和らげることにもなりますし、緊張を和らげるというのは非常に大事なことです。緊張をすることによって冷静なら疑問に思えることも思えなくなってしまう可能性があるため、おかしいなという疑問を持てずに入店したら失敗したとなりやすくなってしまいます。
冷静であれば説明におかしな点があり、何となく嘘を話しているんじゃないかと思った時にも冷静に聞き返すことが出来ますし、友達も一緒に切り替えしてくれればもっと聞きやすくなります。

紹介システムがあると紹介料がもらえることも

全てのお店で行っているシステムではありませんが、女の子を1人でも多く採用したいというニーズがある業界ですから、友達を連れてくることで紹介料を出しているところもあります。
額面については店によって異なるためにいくらとは言えませんが、それでも友達と一緒に来て紹介料がもらえるのでお得です。もちろん友達にも紹介料を払ってもらえるので、自分だけがお得なのではなく友達にとってもお得になります。自分の周りにお金を欲しがっている友達がいて、あまりこの業界について悪い印象を抱いていない人であれば迷わずに誘ってみると良いでしょう。

ちなみにこのシステムを設けているところは、早い段階でどのような方法で紹介料を受け取れるのかをきちんと確認しておくと後のトラブルがありません。

友達と一緒に働けるメリットとは

無事に2人とも採用をされた場合、同じ職場で働くことになります。特殊なサービスなため最初は気まずいこともあるかもしれませんが、徐々に慣れてくるとそれも気にならなくなります。

気軽に相談出来る相手が出来る

仕事で嫌なことがあったとしても、内緒にしている友達などに相談はなかなか出来ないものです。店長に話をしても良いのですが、店長も自分が話したい時に手が空いているとは限りませんし内容によっては男性よりも女性の方が良いこともあります。
特にただ話を聞いてもらいたいだけの場合は男性よりも女性の方が良く、女性の方が共感して話を聞くというコミュニケーション方法を使うため、アドバイスをしたくなる男性ではそぐわないことがあるのです。

友達が一緒にいると悩み事を話すことも出来ますし、お互いに愚痴を言い合うことですっきりしてまた仕事に向かうことも出来るようになります。互いの悩みを共有することが出来る相手がいるというのは非常に心強いことであり、仕事を頑張ろうという意欲にも繋がるのです。
また、メンタルケアにもなりますので精神的に安定した状態を常に作ることが出来るのは強みにもなります。

お互いを高め合うことが出来る

働き始めたらいくら友達とはいえ他の女の子達と同様にライバルの1人になります。売り上げがものを言う世界ですから、自分も友達もお客様を相手にして売り上げを伸ばす必要があるのです。
友達は気心が知れた最も身近なライバルというわけですが、敵対関係ではないため切磋琢磨しながら成長することが出来ます。悩みができたら相談し合える、貴重な協力関係も築けます。

デメリットには気を付けよう

友達同士で働くというのはとても良いことではあるのですが、当然メリットがあればデメリットも存在します。

業種によってはちょっと気まずい

ピンサロやセクキャバのように見ようと思えば店内が見まわせるような業種や、回転プレイ(女の子が入れ代わり立ち代わり接客するプレイ)があるお店、ヘルスなどで複数人でのプレイがあるお店だと「お友達と鉢合わせ」「隣のブースがお友達」という事態もありえます。
当然自分もプレイをしているところを見られるわけですから、最初は気まずいかもしれません。

慣れてしまえばあっけらかんとプレイの内容やお客様の話をすることも出来るようにはなりますが、慣れるまでの間はしばらく微妙な空気がお互いに流れることも覚悟しておかなければなりません。
一緒の職場は良いけどサービスまでは一緒じゃない方が良いと思う人は、事前によく調べておくと良いでしょう。サービス内容はお店のホームページを見ることで分かりますので、確認することをおすすめします。

友情にヒビが入らないように…

面接を受けて2人とも一緒に採用をしてくれれば良いのですが、片方だけが採用されることもあります。また、ランキング制を導入しているところは売り上げが視覚的に分かりますので、友達がどれくらい稼いでいるかも分かってしまいます。店としても売り上げを上げている人を優先して可愛がってくれますから、友達と自分の扱いが違うことを妬んで良い感情が抱けなくなる可能性があります。逆も然りであり、友達の方が成績が悪くて妬まれる可能性もあるのです。
また、自分を指名してくれていたお客様が友達の方に移ってしまったり、その逆もあったりとハラハラすることはたくさん予想できます。

トラブルを回避するためには

仕事である以上はある程度割り切りる必要があるのですが、友達だとどうしてもそれが難しくなってしまいます。相手に対する甘えもあるので、ワガママを押し付けてしまう可能性も十分にあるのです。ランキングを提示しないお店を選んだりすることで人間関係を円滑に保っていきましょう。
これらは面接の段階で聞くことが出来ますので、質問をしておきましょう。

友達と一緒の応募はNGなお店もある

友達と一緒の応募を大歓迎するところが多い一方で、友達と一緒ではNGというところもあります。一般的に高級店と言われるハイレベルな接客を求められるところや、友達同士の入店でトラブルがあったお店などです。
トラブルがあったお店はともかくとしても、何故これらのお店は友達と一緒では駄目なのでしょうか。

高級店の場合

友達同士で働くというのは互いを高めあったり助け合ったりする上で非常に心強いことでもありますが、同時に馴れ合いが出来てしまい仕事がなあなあになってしまうという弱点もあります。
仲が良いからこそ緊張感が持てず、サービスの質が低下するというようなことに繋がってしまうとハイレベルな接客を提供する高級店では死活問題になってしまいます。
加えて片方のレベルが高く、片方のレベルが低い場合、相手を気遣って高い方が低い方に合わせてしまうこともあるためこれも質の低下に繋がってしまうので良くないのです。

高級店は通常のお店と比較すると料金が高く設定されています。高いお金を貰う以上は一般のお店と同等のサービスではいけないので、働く女の子達にもストイックな姿勢が求められるのです。
友達同士ではなかなかそれが難しいため、断る対象となりやすいのです。

「なんでも一緒」じゃ困るから

友達同士での応募だと、片方が辞めるとなったらもう片方にも一緒に辞められてしまう可能性があります。せっかく雇って育ててきたのに、これではリスクが高いですよね。
片方に期待をかけると片方がすねる…すねても一生懸命努力をして期待されるようになろうとするなら良いのですが、そうではなく仕事をしなくなってしまったり一緒に辞めさせようとしたりなどお店にとって不利益な行動に走りがちになります。
リスクがそれなりに大きいことが分かっているので、あえて採用しないというスタンスを取るお店は多いです。

過去にトラブルがあったお店

友情に関係するトラブルというのはお店にとっては非常に厄介なものです。女性は感情的になりやすい生き物でもありますから、一度怒りに火が付くと男性では対処が出来ないほどの大荒れになることもあります。

大喧嘩を繰り広げて大変なことになったという程度ならまだ応対可能ですが、問題なのは「1人の女の子の紹介でどんどん女の子が増えたけど、その子が辞めるとなった時に一気に抜けていく」ケースです。
男性と違って女性は人間関係が横の繋がりで出来ていますので、仲の良い女の子と店側がトラブルになって辞めるということになった時、まとめて抜けられる可能性があるのです。
1人や2人抜けてもそこまで店の運営には支障を来しませんが、まとまった人数となると大手でもない限りはお店の運営自体に支障が出てしまいます。
一度痛手を受けているところは同じ展開を防ぐためにあえてNGにしていることがあるのです。

目標設定をしてみよう

 

一緒に仕事をすることによって起こるメリット・デメリットが存在しますが、悪い点があるから止めた方が良いのかというと一概にそうは言えません。風俗だからトラブルが発生するわけではなく、一般的なアルバイトであっても友達と一緒にやっていると同じようなトラブルが発生することもあります。
友達だからこそ嫉妬や憎悪の対象になりやすいことも知っておく必要は十分にあります。

こじれるばかりが女の友情ではなく、共通の意識を作ってしまえば逆に協力関係に発展する可能性もあります。
ただ何となくお金が欲しくて働いているというだけだとネガティブな方に意識が向きやすいですが、お互いに何か目標があると励まし合いながら頑張ることが出来ます。
目標の設定は何でも良く、例えばこの金額が貯まったら旅行に出かけるでも美味しいものを食べに行くでも、買い物に出かけるでもどのような目的でも構いません。

 

一生懸命頑張っているのに上手くいかない、あの子ばかり上手くいって面白くないというような感情をお互いに持たないようにするには、プラスになる目標に向かって走っているのだという意識を持つことです。
お金を手に入れることによって叶えたい夢がある、そしてその夢は友達にとってもメリットになることであれば頑張っていることにネガティブな感情を抱くこともありません。

目標設定をする以外にも、上手く接する方法を見つけることによって敵対関係にならずに済みます。
何よりもお互いにお互いの売り上げを気にしないという姿勢を身に着けておくことが重要であり、友達であっても私は私、彼女は彼女という意識を持っておくと悪い感情を抱くこともありません。
友達とはいえ同じ職場で働くライバルですし、ライバルであっても敵対する必要はないので、お互い励ましあって目標を達成出来るようにしましょう。