未経験者が本指名をとるための「営業テクニック」

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

平等に稼げるお仕事でやりたいことを実現させよう

風俗のお仕事は平等に稼げる

あなたは何かをするためにお金が必要だからこのお仕事をしようかしまいか検討していますね。
堕落してしまいそうだとか未経験は不利だとか容姿に自信がないから稼げないかもしれないと思っていませんか?
堕落するのは努力なく稼ごうとしている人や心の弱い人です。やるべき目標を明確に決めお仕事をしている人は輝いているししっかりと目標を達成され豊かな暮らしを手にされていますよ。
このお仕事の一番のメリットは学歴や才能がなくても自分の努力や工夫次第でいくらでも稼げるというところです。
確かに可愛いにこしたことはないけれど、ただ可愛いだけでは通用しないのがこの業界、むしろさまざまな技術を磨くことが大事です。
なぜ自分にお金が必要なのか、贅沢な暮らしがしたいから、お店を持ちたい等やりたいことがあるから、借金があるから、家族を養うため等、事情は様々ですが、お金を稼いだらやりたいことをリストアップしてみてください。
その希望を叶えるのにいくら必要かが明確になりお仕事をはじめる決心がつきませんか?
お仕事をはじめた後もそのリストを大事に持っていて見たりクリアしたときに上から線を引いて消したりすることでお仕事へのやる気がよりアップします。
同じ土俵に立てばこれまで縛られてきた学歴などは関係ありません。必要なのはこの仕事で稼ぐためにどれだけ真剣に取り組むかです。
今回は素人でも本指名をたくさん取れ、上客が付く知識と営業テクニックについて詳しくご説明します。
誰でも実践できる内容ですよ。

第一印象は今後を決める大事なもの

一目惚れや出会った瞬間にこの人は不快だ苦手だ嫌だと思った経験があなたにもあるかと思います。
この直感は意外と当たりますよね。
人が誰かと出会ったとき、瞬時に相手がどのような人かを見極めるのですがそれを第一印象といいます。
この業界に関係なく多くの企業の新人研修等で取り入れられている技術で、例えば営業マンが前髪を上げるオールバックスタイルにする理由は出会った相手に清潔感と誠意等の好印象を与えるためです。
また、社会人において磨かれた靴で接客するのは基本、靴が汚れているということは、靴を磨く心の余裕がない、清潔感がない、仕事が雑だろうと靴を見て判断する人も多くいます。
技術がない素人が相手の心をギュッとつかむためには、まずはこの部分からクリアしていきましょう。
前述しましたが、直感がわりと当たるのは見た目や臭いが好みでなかったりするからです。
そんなの付き合えば慣れるし関係ないかもと思いがちですが、付き合いを重ねるにつれそういったものは濃厚にあらわれるのでやっぱり無理だと思うことが多いです
話を戻して、視覚、嗅覚、聴覚、触覚等の感覚を通して相手はあなたの第一印象を決めるのですが、そのなかでもいちばん大事なのが視覚です。
これは容姿ではなく化粧をきちんとしている、髪型が整っている、歯や口元に食べ物が残っていない、衣装が古ぼけていたり糸が出ているのを気にしていなかったりほつれたままであったり汚れを気にしていなかったり、サービスを受ける側に立つと不快ですね。

身だしなみ

見た目に気を使うことや身体や衣装を清潔に保つのは基本中の基本です。
つぎに嗅覚ですが、不快な臭いがない、生活臭がしない、接客前に食べた物の臭いがしない、空間の臭いに気を付ける等の配慮が必要です。不快な臭いがすると盛り上がった気持ちがそげてしまいますよね。
スタッフも空間の臭いに気を使っていますが、配管や空調等その場所で長く過ごす人が変化に気づきやすいので、もしも空間の臭いが気になるならば放置せずスタッフに相談しましょう。

機嫌の良い声で

聴覚でいちばんに気をつけることはあなたの声です。
そのときの機嫌が声にあらわれ嫌な雰囲気になったり喧嘩になったりした経験はありませんか?
サービスを受けに来たのに機嫌が悪そうな声だったり自分を明らかに受け入れる気がないような声だったりすると次からはその人に会いたいと思いませんよね。
お客様を待っていた、丁寧な接客をするという意思が伝わるやるきのある優しい声を発することが大事です。
また言葉遣いも大事で、ギャル語やタメ語といわれるような友達口調は厳禁、基本は敬語で接客をします。
よそよそしくて嫌がられるのではないかと思いがちですが、どんなに親しくなってもお客様とサービスをする側という立場を守りメリハリのある接客をしなくてはなりません。そうすることであなたを高く評価する方は増えます。

お客様との距離を保つ

メリハリのない関係になると人は決められたこと以上のものを要求するようになり、それは誰にでもあるごく自然なことです。しかし、一度応えてはいけない要求に応じると人はその欲求を満たすためにエスカレートし、無理難題を押し付けるようになります。いくら指名をもらっても接客するあなたは毎回辛いし、こういった方を上客とは言えませんよね。
つまり印象を良くするだけでなく敬語を保ち一線を越えないというメリハリは相手に毎回お仕事であることを示し、あなたの身を守るうえでも大事なのです。

触りたくなるカラダ作り

最後に触覚ですが、髪がゴワゴワしていたり肌荒れがひどかったり、あなたに触れたときに不快感を与えるようなことは避けましょう。
そのためには日常から髪や肌をケアすることが大事です。
稼ぐようになると癒しとしてエステに通うこともありますが、まずは髪や肌にダイレクトに影響がある食べ物に気を付けます。
忙しいからと出前やジャンクフードばかり食べずに加工しない肉や魚、野菜中心の食生活を心がけましょう。
経験がなくても第一印象を良くすることで次の指名につながるのです。

可愛いだけでなくデキる印象を与える

あなたも何か接客を受けたときに、この人はデキると思った経験があるはずです。
ここでは基本のしぐさをご紹介します。

出会いにおける態度

まずは入室されたときの挨拶から、いらっしゃいませ等元気に丁寧な言葉がけをしてからお辞儀します。
ポイントは相手の顔をしっかりと見て挨拶をしてからお辞儀をすることです。
お辞儀の角度は30度、首をダランと垂らすのではなく背中と一直線につなげるととても綺麗です。
ちなみに、最敬礼といわれる90度のお辞儀をする必要はありません。
いちど鏡を見て練習してみてください。
また、手を組むのは横柄な態度ととられることがあるので、腕を組むときは後ろでなく前が基本です。
室内へ案内する際も照明が落としてあることや室内に段差があることを伝えサポートしたりカバンを持ったり、相手を気遣うような態度を心がけます。

衣服への気遣い

お客様の靴を揃えたり衣服を畳んだりハンガーにかけたり眼鏡を拭いてあげたり、ちょっとした気遣いはキュンキュンするものです。
家でやってくれる人がいない場合は特に嬉しいもの、またあなたが育ってきた環境がわかりこのお仕事とのいいギャップを感じるはずです。

女性らしいしぐさ

サービスをする側は基本は薄着ですぐにはだけるような格好をします。
はじめは違和感があるけれど、慣れると怖いものでそれが気楽な部屋着と化します。
だからといって下着がモロに見えるような座り方やしぐさをするのはがさつな性格をあらわします。
腰をかけるときは衣服を片手で押さえお尻に敷く、しゃがむときは胸元がはだけないよう片手で押さえる等、普段洋服を着ているときと同じ女性としてするべきしぐさを心がけましょう。

プレイ中

習ったことを一方的にするのではなく相手に加減や好みを聞きながら修正したりアレンジしたりする工夫をしましょう。
価値観や体質によって感じ方は人それぞれなので、習ったことを基本に臨機応変にすることが大事です。

お見送りまで丁寧に

サービスの時間が終わると内心早く退出してほしいと思いますが、せかすような態度は見せず最後まで丁寧な接客をしましょう。
例えば、入室の際にカバンを持ったならば退室も同じようにカバンを持ち手渡ししてお見送りします。
挨拶もはじめと同じ、お別れの言葉のあとに30度のお辞儀をします。
もともとはそのようなお育ちでないとしてもこんな女性に接客されたいと理想像を作り自分を演出し徹底することが大事です。
なかにはこういったお仕事をしている女性はがさつで育ちが悪い人が多いのではないかと見下している人もいますが、そのイメージを払拭でき、次回も自分を目当てに来てくれる可能性を高める行為です。
基本は自分の欲求を満たすために来店するので物という感覚の人も少なくないけれど、ちょっとした所作によって相手の心を掴むと人として大事に扱ってくれるようになるのでより接客がしやすくなりますよ。

心を掴む営業テクニック

たくさんの男性を接客するうえで大事なのは相手を覚えることです。
正直、忙しいといちいち覚えるのは面倒だし余裕もありませんが、一度接客をした記憶があるにもかかわらず、名前と顔と好みのサービスが一致せず何となく接客をして終わられるということもあるかと思います。しかし、それではリピーターになってもらえません。

簡単に名前等を覚えるコツ

記憶に残すには書くことが大事です。
使いかけでも100均でも何でもいいので何かノートとボールペンを用意し出勤した日に記録に残すことを日課にします。
名前と下手でもいいのでその方の特徴がわかるイラストと好み、印象に残ったことを書いておきます。
例えば台風の日に来てくれた方など、天気等と関連付けると忘れにくいです。
そのノートに記した内容を接客に活かすのです。
名前を憶えてくれていることで十分相手は嬉しいのですが、初対面が台風の日であったことやその後無事に帰れたかなどの会話に十分使えますよね。
経験が浅く技術が乏しくてもそうやって気にする女性はリピート率が高くなります。

仮想恋愛をする

たとえその方が好みでなくてもお仕事と割り切り、先ほど述べた自分を演出します。
また、相手によっては性的な欲求だけでなく女性との関わりを求めている方もおられるので、接客をしている間は恋人のような接し方をしましょう。

話が弾む営業トーク

お客様が一方的に話してくれると正直楽だし受け身になりがちですが、私たちはサービスを提供する側です。
何も話さずうなずいたり相手任せな会話であったりすると、はじめは良くてもどんどん相手に不満を与えリピートにつながりません。
しかし、ネタがないと会話にも困りますよね。ここでは会話に困らないように小ネタをご紹介します。

まず大事なのは相手に興味を持つこと

相手に興味がないとネタをたくさん持っていても会話が続きません。
会話を長続きさせるには話したネタから相手と関連付けるよう持っていくことです。
会話をしながら相手を観察しあなたはどうですかと話を振ってみましょう。
また、自分自分と一方的に話すのもストレスを与えるひとつなので無口は良くないけれど基本はネタを振って聞き手になるよう心がけましょう。

気候や天気

どの接客業でも一番に挙げられるのが天気です。
晴れでも雨でも会話が成立しますね。
ただ晴れているという内容でなく来店の際、熱くなかったか雨に衣服が濡れなかったか等の気遣いを見せます。
その会話のなかで衣服等が雨に濡れたならば靴を乾きやすい室内へ入れたり衣服をハンガーにかけエアコンが当たる乾きやすい場所に吊したりすると相手は喜びます。

この業界の小ネタ

最近あった面白いエピソードも会話が盛り上がる内容のひとつです。
主に喜ばれるのがあなたの失敗談で、相手が知らないこの業界あるあるを交えながら話すと会話が弾みます。
ただ、このネタには注意点があり、たとえその方に関係のないお客様であっても否定したり馬鹿にしたりするようなエピソードは厳禁です。
あくまで誰も傷つかないネタに絞り話しましょう。
また、こういったエピソードもノートに残しておくと後々大事な財産になります。

時事ネタ

深く学んだり新聞を読んだりする必要はありませんが、テレビや週刊誌等のネタは浅くたくさん押さえておきましょう。
特に最近話題になっているものは会話が弾みますね。
男性にとって無知よりかは見透かされない程度の知識を持っている女性の方が魅力的、軽くでいいので話題のネタを仕入れましょう。
この際もそのネタを完全否定せず誰も傷つかない話し方をするのがポイントです。

愚痴を聞く

仕事や家庭の愚痴は誰だって聞きたくないからと心に秘め抑えている方は少なくありません。
接客中に相手が愚痴をこぼした場合は存分に聞きましょう。
サービス以前にそういった会話があるともちろん延長料金が発生しますが、愚痴を聞いてほしい方は快諾するし、その会話で大満足されるともしかすると性的なサービスをする必要がない場合もあり、どちらにせよおいしい延長であることは間違いありません。
そうすることで性的なサービス目的だけでなくあなたに会う意義を見出し通ってくれるケースもあります。
このケースは体力的に負担が少なくあなたにとって上客と言えますね。

NGなネタ

なかには喜ぶ方もおられますが多くの男性は女性の愚痴を喜びません。
仕事の愚痴はもちろん、家族や生活の愚痴は絶対に言わないようにしましょう。
また、相手は夢のようなサービスを求めてきているのに生活感が出るような会話で気分を損ねたりしないようこういった会話は相手が振ってくるまでは極力避けます。
たとえ振ってきても具体的な話は避けましょう。

ウソはバレる

その時間限りのお付き合いでも、会話を成り立たせるためのウソは絶対に言わないようにしましょう。
特に墓穴を掘るのが知らない知識を知ったかぶりしたときです。
その場しのぎはできても次に会ったときに困るケースが多いです。
また、浅い付き合いでも顔や眼の動きからウソは簡単にバレます。
その時間が仮想恋愛であるとはいえ、ウソを簡単につく女性にリピーターはつきませんよ。

ネタの共有もよい

もしも職場で誰かと仲良くなった場合はネタを共有するのもよいでしょう。
その日あったことを話したり自分の体験したことのない世界や知識を得たりするのはとても面白いし、お互いに仕事に活かせますね。
ただ、ここで注意すべき点を挙げます。
仲良くなると愚痴もこぼすことがあるかと思いますが、それはストレス発散の場と割り切らないと仕事へのやる気をそぐことにつながります。
また、愚痴の対象の方が来店されたときに仲間うちで目くばせをしたり後ろ指を指したりするのは絶対にやめましょう。

大事なのはあなたのやる気

こうやってみると、どれも特別知識がなくても年齢に関係なくだれでもできることです。
ちょっと難しいと思うならばはじめにご説明した五感を通して第一印象を良くする工夫だけでも試してみてください。
押さえるべきことは仕事にプロ意識を持つこと、目標を明確にし努力することです。
目標があるとお金が貯まっていくのが嬉しくなり生活の励みにもなります。
綺麗でなくても体型に自信がなくても自分の努力と工夫次第でリピーターは付くし、口コミで良いと知れば多くの方があなたを求めて来店してくれますよ。