主婦が風俗嬢になった理由とは?主婦でも安心して働けるお仕事

主婦がお金を用立てるのは大変なこと

家計をやりくりする立場の主婦であっても、どうしてもお金が欲しい状況というのはあるものです。生活のためであったり子供のためであったり、欲しいものがあるなど理由は様々です。小さなお子様がいるならなおさら、お金が欲しいからアルバイトをしよう、と簡単に決断できませんよね。
子供が小学生くらいになってお留守番が一人で出来るくらいならば良いのですが、まだ幼くて誰かの目が無いと一人にしておくのが危ない場合は保育園や託児所などを利用しなければなりません。
しかし、子供を預かってくれる施設は地域によってはなかなか敷居が高く、思うように働きに行くことが出来ずにお金が得られないと嘆く女性も少なくはないのが実情なのです。

ではどうやってお金を工面するかと言うと、一つは借金をするという方法があります。専業主婦であっても銀行のカードローンは利用出来ますし、消費者金融でも夫の同意があればキャッシングを受けることは可能です。
しかし、余程の事情がない限り借金することを快く認めてくれる夫はいませんし、夫にしてみれば収入のない妻の借金の返済を自分の給料から行うことになるわけですから尚更快くは思いません。
それに何よりお金を借りたら返さなければならないため、収入のない状態で借金をするのは非常に危険な状態ですし、内緒で借りてバレてしまったら夫との関係にも亀裂が入る可能性も高くなります。

子供の心配をせずに働くことが出来て、収入を得ることが出来る仕事で、なおかつ家事育児に支障が出ないとなると風俗で働くことがベストと言えるでしょう。
旦那バレや知人バレを防ぐために、アリバイ対策をしっかりとっているお店も増えてきました。
主婦でも需要があるのかしら、と考える必要もありません。
今の時代は主婦であっても普通に風俗店でお仕事することが出来るからです。

主婦でも風俗で働ける?若い子でなければ採用してもらえない?

風俗で働いている人には様々な事情を抱えていることも多いですが、年齢層も非常に幅広いです。幼い子供を抱えたお母さんもいますし、シングルマザーもいます。このような人達が子供の扱いに困らずに働けるようにと託児所と提携していて、風俗店の中に託児所を設けていることもあります。子供を預けて働ける環境をお店が整えてくれているので安心して働くことが出来るのです。

また、風俗店で働くことを歓迎する夫は普通ならばいませんから、大抵は隠して働くことになるでしょう。この辺りの事情もお店の方はきちんと理解していて、夫にバレないようにとアリバイ対策をしてくれることが多いです。
アリバイ対策についてはお店によってまちまちですが、例えば住まいのあるエリアでは出勤しない、予め知り合いの電話番号を登録しておいて接客NGにしておく、来店をしてもらう形のお店であればモニターチェックをして断るなどの対応が出来ます。
勿論、お店に在籍確認の電話があったとしても誤魔化してくれますし、働いているという秘密をしっかりと守ってもらえるのです。

働きやすい環境であることは分かりましたが、不安なのは若くなくても大丈夫なのかということでしょう。20代の主婦であればまだしも、30代40代となってくると若さで勝負をすることが出来なくなるので不安があって先に進めないという人も少なくはありません。

今の時代は人妻や熟女にスポットライトが当たっている

男の人は若い女性が好きだから、風俗で働くなら若い女の子の方が良いのではないか、と考えてしまう人もいるでしょう。実際に風俗業界では女子大生や20代の女性が多く働いているため、若い女の子が接客をしているというのは間違いではありません。
バブルの、日本の経済が最高潮であった頃は風俗業界も若い女の子が求められ、女子大生や20代の女性に注目が集まっていました。それ以上の年齢になると需要が途端に無くなり、思うように稼げないという実態があったのも事実です。
しかしバブルが弾けて段々と景気が低迷してくると、自由に遊ぶお金が手に入りづらくなり、風俗業界にも不況の波が押し寄せます。ここで注目をされるようになってきたのが年齢層が高い世代であり、今で言うところの人妻系や熟女系です。

バブルの真っ只中ではコスプレ系やSM系と並んで特殊な分野の立ち位置だったのですが、この分野は若い女の子達のいる店と比較すると安価で遊びやすいことが魅力になりました。しかも30代以上の女性は人生経験があるため、テクニックも丁寧であり接客も若い女の子と違ってきめ細やかな対応が出来るので評価をされるようになり、今では人妻系や熟女系というジャンルで人気を博しています。

若い女の子にはない癒やしや人の奥さんにサービスをしてもらっているという背徳感を味わえることもあって人気が高いのです。このことを考えると主婦は人妻という肩書きがありますので、十分風俗業界で通用するということになります。年齢や立場を気にする必要は全く無いのです。

働く理由として多いのは生活費や養育費、離婚の資金作り

風俗嬢をしている主婦はどのような理由で働いているのでしょうか。
主婦が働きに出る理由として挙げられるのは家族のため、自分のために大別出来ます。
とりわけ多いのが生活費、養育費、離婚のための資金稼ぎであり、熟年離婚が増えた今はその後の資金を得るために今から働きに出ているという人も少なくはないのが実情でもあります。

家計を支えるために働きに出る

かつては夫の収入だけでも十分に生活を成り立たせることが出来ましたが、不況の今は給料もなかなか上がらず夫の収入だけで生計を立てることが難しくなりました。特に低賃金で昇給の見込みがない業種に勤めていると、まともに貯金が出来なかったり出来ても僅かばかりということもあります。

一般的に主婦のパート賃金は7万から8万であり、これを家計の足しにするとしても貯金分が増える程度で生活そのものを根底から上げることにはなりません。かといって頑張って10万以上稼いだとしても、今度は扶養の範囲を超えてしまうので自分で社会保険料を払わなければならないためにかえって生活を圧迫してしまう可能性もあります。
こうなるといっそフルタイムで正社員や派遣などの形で働いた方が良いと言えるのですが、妊娠してしまい小さな子供がいると、正社員などの立場では働くことが難しく、アルバイトやパートであっても辞めざるを得なくなってしまいます。それに特殊なスキルでもあれば話は別ですが、正社員で働いたとしても月に手取りで20万程度を稼ぐのが精一杯でそれ以上の費用を捻出するのは難しいです。

正社員で働いている人であっても副業で風俗嬢をする人もいますから、昇給もなかなか難しいので思うように稼げない可能性も無いとは言えません。住宅ローンや自動車ローンなどの借金がある場合は、返済を楽にすることも考えなければなりませんので出来れば夫の給料を上回る程度の費用は貯金を作ることを考えてもあって欲しいところです。

風俗の場合は歩合制で頑張れば頑張っただけお金を得ることが出来ますし、託児所も完備されていますから子供の心配をしなくても働くことが出来ます。当然しっかりと稼ぎを得ることが出来るので、月に100万稼ぐことも夢ではないのです。

子供にかかる費用を稼ぐため

生活にかかる費用以上に支出が多くなるのは子供のことです。小さいうちはまだ良いかもしれませんが、小学校に入って習い物を始めて、中学で受験対策のために塾に行かせて高校へ行って、となるとこの間にかかる費用は莫大なものになります。
幼稚園から国公立の大学まで行かせた場合でもこの間にかかる費用は742万、習い物の費用も合わせれば1000万の用意は必要になります。私立に行けばその分費用はかさみ、医学部などの費用がかかる分野に進学しなければ2000万は用意しておきたいところです。

これだけの額を普通に稼いで用立てることが出来るかというと夫の収入によってはなかなか難しいですし、金遣いが荒ければ余計に費用は貯まりません。確実に稼いで子供のための費用を作るのであれば風俗業は打ってつけであり、必死に頑張ってトップランカーになれば長い時間をかけずにお金を稼ぐことも可能になるため働きに出るのです。

夫との離婚に備えるための資金作り

熟年離婚をする夫婦が年々増えており、老後をどのように過ごすかは重要な課題とも言えます。
年金を折半することも出来るようにはなっていますが、年々支給額が減っている状況では、いざ貰う時に生活が満足に出来るだけの額が得られるという保証がありません。
老後のための資金を稼いでおくことが重要なのですが、子育ての時期と老後の資金を貯める時期が重なってしまうと思うように自分のための資金を残すことが出来なくなるので離婚をするにも不安が強くなります。
そこで離婚をしても困らないようにとその資金作りに風俗で働きお金を貯めるのです。
アリバイ対策もしっかりしてくれますので、夫に気付かれてすぐに離婚を突きつけられる心配もなく離婚の準備が出来るというわけです。

自分のために働きたいという動機から

以上の3点以外にも働く理由はあり、やはり多いのは自分のためにお金が欲しいというものです。

お小遣いが欲しくて働き始めた

主婦は収入がない立場ですから思うようにお金を使うことが出来ず、やりたいことがあってもお金が無いために諦めなければならないことが少なくありません。
特にブランドのバッグが欲しい、エステに行きたい、旅行に行きたいといった理由はまとまったお金が無ければ難しいですし、夫の理解を得るのは難しいことですから諦めざるを得ないものでもあります。
風俗は長期間働く必要がなく、短期バイトでも出来ますので1日だけの体験入店でお金を貰うということも可能になります。
エステに行くためや旅行の資金など、目標の金額を稼ぐまで頑張るという働き方も出来ますのでお小遣い稼ぎには丁度良いのです。

女としての魅力を再確認したかった

夫婦生活も長くなると、徐々にレスとなって夫婦の営みが無くなってしまいます。お互いにそれで満足しているのならば良いのですが、女性と男性では性欲の上昇の仕方や減衰の仕方に差があるため、女性の性欲が高まっている時に男性が衰退してその気になれないということもあるのです。

これは妻が嫌いになったからというわけではなく、加齢によるものであるために一概に責めることが出来ず鬱積したものだけが溜まってしまいます。それに夫に求めて貰えないと妻としては女性としての自信を失ってしまいますし、自分は一体何なのだろうという面白くない気持ちにもなってしまいます。

これを解消する目的にも風俗は非常に有効で、こちらが能動的に常にサービスをするのではなくお客さんの方が能動的に動いて気持ち良くさせたいという人もいますから、快楽を得ることも出来ます。お客さんが気持ち良さそうにしている姿を見ることでも女としての魅力が自分にあるのだと自信が持てますし、自尊心が回復して心が満たされていきます。

欲求不満の解消にも繋がるため、夫で満たす必要もないのだという考え方に切り替わりますから自然と夫への不満も解消されるのです。何もしてくれないと夫に不満を抱く必要が無くなるため、円滑な夫婦関係を築き直すことも可能になるというわけです。

風俗業への興味から

風俗を利用する機会がなかなか得られない女性にとって、男性を魅了する風俗というものがどういうものかという興味は非常に強いです。また、早くに結婚して旦那以外の男性を知らないという女性にとっては風俗は様々な男性を相手にしますから、そこに興味を持つということもあります。
風俗は出入りが激しい業界ですし、働く女性の意思が尊重されますから辞めたくなったら辞めることも出来ます。お試しで働いてみて合わなかったら辞めるということも可能ですし、興味本位で業界を体験することが出来るのが強みです。
興味本位でも働けばお金が貰えるので、一石二鳥でもあります。

風俗店を選ぶ時に注意したいことは

他には医療費を稼ぐという目的もあり、今すぐにでもお金が欲しいという状況では日払いで対処してくれる風俗は稼ぎやすいです。いくら健康保険が使えるとはいえ、治療の内容によっては高額の費用がかかりますし、確定申告の時期を迎えるまでは一旦全てを払わなければなりません。健康保険が使えない部分での出費もかさみますし、自由診療で保険を使わない治療の方が治る確率が高いとなれば、そちらを積極的に利用したくなるものです。

保険に入っていない場合や、保険では十分に賄えないようなほど治療費がかかると借金をせざるを得ません。やはり借金も主婦の立場ではなかなか難しいですし、返済の目処が立たないと最悪の場合破産することも考えておかなければならなくなります。このような事態にならないようにするためには高収入の風俗が稼ぎやすく、治療費を捻出する心配をしなくても良いことになります。

その他には夫に内緒でしてしまったカードローンの返済のためという理由もあり、銀行のカードローンであれば夫の同意がなくても借りることが可能ですのでついつい使いすぎてしまったということにもなりかねません。借金の事実をバレないように解決するにも風俗が良く、一番収入を得やすいので借金を返すだけではなく貯金まで作れてしまうという稼ぎ方も出来るのです。

確実に稼ぐのであれば風俗でお仕事をするのが一番ですが、やはりある程度お店がアリバイ対策をしてくれると言ってもバレた時に失うもののリスクが高いことを思えば働くお店も吟味する必要があります。何に注意をしてお店を選べば良いのでしょうか。

性病検査はきちんと行っているか

風俗の主旨として、どうしても性病とは隣り合わせになってしまいます。性病は粘膜の接触によって起こるものですから、最後までしなくても相手の性器をゴムも無しに口に入れたりすることで感染するリスクは高まります。
お店からの連絡や働けるエリアの指定、来てくれたお客さんを選別して接客をするなどの対応をしていても性病に感染してしまうと夫に疚しいことがない限り疑われる可能性は高くなります。
性病検査を月1回医療機関できちんと行っているところは性病対策を徹底していますので働くには良いと言えるでしょう。

衛生管理は徹底しているか

衛生管理がきちんと出来ているかどうかもお店を選ぶ時のポイントです。これは先程の性病の話と関係するのですが、お客さんにサービスを行う時に使う道具は全てお店で管理をしているものです。
デリヘルやホテヘルなどの移動型のサービスでホテルを使う場合、ホテルで必要なものを購入して使うわけではないのでお客さんが指定した道具によっては使い回しているものもあります。
使い回しではない方が好ましいのですが、消耗品でもない限り一回一回捨てるとコストもかかるのである程度は目をつぶらなければなりません。

そこで注目をしたいのは殺菌消毒を使用したらしっかりと行っているかということです。大人のおもちゃで特に体内に挿入するようなものは性病を悪戯に広げてしまうので、きちんと殺菌消毒をしなければなりません。
使っている道具が綺麗かどうかでもちゃんと管理しているかどうかが分かりますから、面接後の体験入店の時に自分で見てみるか、あるいはネットで口コミを見てみると良いでしょう。
性病に感染してしまったら流石に夫も浮気や風俗で働いていることに疑いを持つので注意が必要です。

アリバイ対策が完璧なところ

忘れてはならないのがアリバイ対策であり、これがしっかりとしているところを探すことも重要になります。
例えば働く言い訳をアルバイトやパートをしているとするのならば、夫が何らかの原因で働き先を訝しがった時に誤魔化してもらう必要が出て来るからです。
店側も在籍確認の電話を入れられた時に在籍していることを隠してくれますが、出来ることならばアリバイ会社と提携しているところに務めると安心が出来ます。
アリバイ会社は風俗で働いていることを隠してくれるだけではなく、あたかも別の会社で働いているかのように工作をしてくれます。給料明細や名刺、社員カードなども制作してくれるのでフェイクとしては十分に使えるのです。疑り深い男性が夫の場合はこうしたことも考えて店を選ぶと良いでしょう。

心配をする前にまずは風俗業界に飛び込んでみよう

風俗で働く理由は他にもいろいろありますが、自分の事情を尊重してくれるお店と出会うことが出来れば苦痛を感じることなく働くことが出来るようになります。
お店は最大限配慮をしてくれますし、働きたいという女性の事情をよく理解してもくれています。
また、経験がないことで自信を持って前に進めない人もいますが、風俗嬢の多くは未経験者で素人です。
ですから働きたいという熱意があればそれで受け入れて貰えるのが風俗業界の良いところでもあります。
勿論、一般的な常識が無く最低限度の面接マナーを守れない人は不採用という形になってしまいますが、働きたい人の強い味方になってくれるので風俗嬢という選択肢は非常に良いでしょう。
働いてみたいけれどもどうしようと迷っているのであれば、体験入店だけでもしてみませんか。
合わなければ止めれば良いですし、出来そうならば続ければ良いという敷居の低い業界ですから肩の力を抜いて応募をしてみましょう。