接客系にはつきものの「ノルマ」は風俗にもあるの?

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

接客系の仕事にはノルマがつきもの。ナイトワークでいえば、キャバクラのノルマはきついことで有名ですが、同じナイトワークでも風俗にはノルマがないのをご存知でしょうか?なぜノルマがなくてもお店やキャストがやっていけるのか、ご説明します。

接客業にノルマがある理由

ナイトワークであるキャバクラも含め、一般的な接客業にはノルマがある一方、風俗にはノルマがありません。これは雇用形態の違いから来ています。まずはノルマがあるタイプの仕事からご説明しましょう。

キャバクラはもちろん、一般的な販売員などはお店や会社など雇用主から直接雇用されており、一定の給料が保障されていますが、これは売上から支払われます。そのため、売上を確保しなければ、従業員に対して賃金が払えなくなる可能性があるのです。もちろん、お店や会社が成長していくためにも売上の増加は必要不可欠です。それもあって、売上に直接関わる営業や接客業には売上目標、つまりノルマが課せられるのです。

では、同じ接客業で、お店の売上に大きく関わる風俗のキャストにノルマがないのはなぜでしょうか?

風俗のキャストにノルマがない理由

風俗のキャストは「お店に雇用されている従業員」ではなく、「お店に対しサービスを提供する個人事業主」という扱いになります。お店にサービスを提供しない限り報酬は発生しない仕組みになっており、サービスを提供した分の報酬はその日のうちに受け取ることができます。風俗の仕事が日払いなのは、こういう理由があるからです。

キャバクラなら、お店の売上に関係なく人件費が発生しますが、風俗店はキャストが働いた日に働いた分だけ給料を渡せばいいのですから、キャスト全員の給料分の売上確保をする必要がありません。もちろん、キャストの数が確保できていないとお店の売上も確保できないという部分はありますが、それはお店側の事情なのでキャストには関係がありません。

出勤数に「ノルマ」があることも

風俗の仕事は基本的にノルマがなく出勤も自由であることが多いですが、完全自由出勤のお店もあれば出勤の条件があるお店もあります。

自由出勤を取り入れている理由は、大変な仕事だからこそ女の子達の働きやすいようにという配慮です。OLさんやお昼は普通のバイトをしてるフリーターなどがシフトを組みやすいように、または学生さんや主婦などが隙間時間に働けるように…。1日2~3時間程度の短時間からOKという店が多いのも、そういう理由でしょう。

中にはゲリラ出勤のように当日「今日は出勤します」というスタイルでもOKにしている店もあります。そういう女の子が複数いると、お客様も「今日は誰がいるのかな?」とお店のサイトをこまめにチェックしてくれるから都合が良いという面もあります。
※お客様によっては前もって予約がとれないため、これが必ずしも良いとは言えないので難しい所ですね。

お店もキャストの出勤数を確保しなければなりません。売上ノルマはなくても自由出勤の部分に関しては「出勤時間はいつでもいいが、週4日は出勤」といった条件をつけてくるところもあります。出勤の縛りがいやなら店舗型ではなく、デリヘルやホテヘルといった派遣型がおすすめです。

風俗の仕事はノルマを課さなくても、お店もキャストもちゃんと儲かる仕組みになっています。自分のペースで好きな時に好きなだけ働きましょう。