噂の真相「タバコを吸う風俗キャスト」は稼げないって本当?

日本たばこ産業株式会社の「2017年全国たばこ喫煙者率調査」によると、成人男性の喫煙率は28.2%になり、昭和41年の83.7%と比べてどんどんと減少傾向にあります。一見風俗業界とは関係のなさそうに思えるタバコですが、喫煙者の風俗キャストは非喫煙者のキャストに比べ稼ぎが少なくなりやすいと言われているのです。 今回は、そんな風俗キャストの喫煙と稼ぎの関係についてご紹介します。

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

タバコを吸っているだけで稼ぎが減るのはなんで?

お客様の非喫煙者率が上がっている

「夜のお仕事=タバコとお酒」というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、禁煙文化が浸透している今、風俗店に来るお客様の禁煙率も徐々に上がってきています。風俗キャストが喫煙者でも構わないという方もいる一方、自分が吸わないから同じように吸わない子のほうがいいと、非喫煙者の女の子を指名する方も多いのです。

ニオイが気になる

お客様との密着度が高い風俗キャストのお仕事は、メイクやファッションと同様、体臭ケアにも力を入れなくてはいけません。口臭や髪、服についたタバコのニオイを不快に思い、非喫煙者の女の子を選ぶ男性も少なくありません。
またタバコの消臭対策として香水やボディミストなどをつけすぎていることで、かえってくさいと思われてしまうこともあるので注意しましょう。

お店のサイトに情報が載ってしまうことも

お客様とキャストをつなぐ窓口となるサイトですが、プロフィール欄に喫煙者か非喫煙者かを載せることもあります。そのため、タバコに不快感があるお客様はその情報を見た時点で「指名候補」から外してしまうことがあるのです。

稼ぎをキープしたい! 風俗キャストがすべきこと

風俗キャストとしてよりお金を稼ぐには、お客様の目を引き、気に入ってもらえる女の子になることが第一です。指名を取るためには、禁煙をすることが最大の近道と言えるでしょう。プレイや容姿には問題がないのに、タバコを吸っているからという理由でほかの女の子にお客様を取られてしまうのは悔しいですよね。
現在では禁煙外来や禁煙をサポートしてくれるさまざまなアイテムが販売されています。簡単なことではありませんが、風俗キャストとしてさらに飛躍するためにもぜひ一度検討してみてください。

また、ストレスが理由でタバコを辞めることができない女性も数多くいらっしゃいます。慣れない接客や家と職場の往復でストレスが溜まり、タバコが身近なストレス発散法になっている方も多いでしょう。
禁煙ができない場合は、まずは体臭対策に徹底的に力を入れるのも手です。出勤中は待機室などの個室でタバコを吸わない、消臭対策には香水などを使わず消臭スプレーで無臭にすることをこころがけるなど、しっかりとケアをしましょう。

また喫煙歴が長い女性は、歯にヤニがついて黄ばんでいる方も多くいらっしゃいます。いくらニオイ対策をしていても、歯が黄ばんでいては印象も台無しですので、しっかりと歯磨きやホワイトニングケアを徹底してくださいね。

お客様との距離が近いぶん、さまざまな身だしなみケアを気にしなくてはならない風俗キャスト。しかし、しっかりと自分を磨きあげることで、その結果はお金や指名数として出てくることでしょう。
お客様に好かれる風俗キャストになるためにも、タバコ対策をぜひ始めてみてくださいね。