指名を取るにはどうしたらいい?営業メールを極めよう

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

「お客様から指名がない」は実はよくあること

働き始めたばかりの風俗嬢が必ずと言って良いほどぶつかってしまうのがお客様が指名してくれないという問題です。

まだ入店したての頃はお客様もどんな子か試してみようという気持ちがあるので、比較的指名をしてくれるのですが、働き始めて店に馴染んでくると段々と物珍しさが無くなり指名が入りにくくなります。

勿論テクニックが素晴らしかったりトークが上手かったりと、他のキャストよりもワンポイント上を行く何かがあれば話は変わりますが、全員が全員そういったスキルを持っているわけではないため、どうやって指名を取るかが課題になるのです。

このため指名を取るかというのは新人の期間が過ぎてからの大きな課題となるので、まずは指名を取るために何をしたら良いのかというテクニックを身に付ける必要があります。

※注意
お店がお客様との直接のやりとりを禁止している場合もあります。バレ防止のために絶対にやらないキャストさんもいるので、できる環境にある場合で考えてみてください。

お客様と連絡を取ってみよう

キャバ嬢が指名を得るためによく使う手段として、メールがあります。
お試しで指名してくれたお客さんに長く通ってもらうために、メールアドレスを聞いておき、定期的に営業メールを送るのです。

こうすることで一回きりのお付き合いにならず、上手くお客さんの気を惹ければその後も来店をしてくれるので指名を確保することができるようになります。

風俗キャストの場合、キャバ嬢のようにメールを使ったやりとりをしているのはメジャーな方法ではなく、むしろ送らない人の方が多いです。

やらない人の方が多い、ということは裏を返せばそれだけ存在感をアピールすることができるということであり、メールをくれたからもう一度行ってみようと考えてくれるきっかけになります。

どう書いたら良いの?

メールを書く時に注意をしておきたいのは、いかにもな営業メールにならないよう、そして営業メールであることを忘れないよう注意をする必要があります。

例えば「出勤しました、今日お店にいるので来て下さいね」という内容のメールだと営業メールであることが相手にも伝わってしまい、もらった相手も気が乗らなくなってしまいます。

逆に全く関係のない、何処かに出掛けたとか美味しいものを食べたというようなメールももらった側からすれば何が言いたいんだと思うことでしょう。

相手はお客様であり友達ではないのでプライベートなこと、それも相手に全く興味のないことをメールされても困惑させてしまいます。

まずはお店に来てくれたお礼とプレイが終わるまでに話した内容に少し触れるようにし、相手が社会人であればお互いに仕事を頑張ろうといった一文を入れておくと気遣いができるというアピールにも繋がります。

もしどうしても会話が思い出せないのならば、来店してくれたお礼と今日一日頑張ろうというようなことを添えて送るだけでも構いません。

来てくれたお礼について話をするのですから、基本的に相手は嫌な思いをすることは無いでしょう。

敬語の方が良いの?絵文字や顔文字は?

お客様とのメールで気になるのは敬語を使った方が良いのかということや、絵文字などの文の装飾です。

これはメールを送ろうとしているお客さんの年齢やお店のコンセプトによりけりなのですが、例えばお店がギャル風のデリヘルである場合、自分よりもずっと年齢が上の人でも敬語を使って話すと違和感がある場合もあります。

逆に高級店のような、礼儀作法も重視されるようなところだと敬語を使わないのがおかしいという場合もありますので、お店のコンセプトに沿うと違和感がありません。

ただ、特別コンセプトがない場合は年齢が上の人には敬語を使っておくのが無難でしょう。
勿論堅苦しい文面にする必要はなく、話し言葉に「です・ます」をつければ良いくらいに構えておいて結構です。

文字の装飾も全く絵文字も何も無いと素っ気無いですが、多用しすぎると見るのも嫌になる場合があります。

ハートマークを2,3個程度、絵文字は1,2個くらいを目安に使うと女の子らしい可愛らしいメールに見えるでしょう。

ただ、「w」や「笑」といった笑っていることを示す記号はできれば使わない方が良いかもしれません。
これらは人によっては嘲笑されていると感じることもあり、反感を持たれる可能性があるものです。

特に年齢層が高くなると「w」は受け入れられなくなる傾向にあるため、使わない方が無難です。
どうしてもこうした記号を使いたい時は、笑顔の絵文字を使うようにすると良いでしょう。

LINEは使ってもいい?

メールよりもLINEの方が使いやすいという人は女の子にもお客さんにもいて、LINEでのやり取りを希望する場合が出てくるでしょう。

LINEを使うことは問題無いのですが、注意点としてプライベート用のLINEを教えてしまうとこまめにLINEで投稿をしている人はプライベートの情報が筒抜けになってしまうことがあります。

また、一度目を通すと既読が付くため相手にLINEを見ているということが伝わってしまうのも状況によっては不利になることもあります。

最初のうちはメールを活用してやりとりをするようにし、お客様と仲良くなってきたらLINEに移行するという手を使うと良いですし、仕事用にスマホなどを持っておくとプライベートを見られないようにすることができます。
自衛手段をきちんと確保しておくと良いでしょう。

しつこいお誘いメールはどうしたらいい?

お客様とのやり取りが進むと、どうしてもありがちなのが相手が自分に好意があると勘違いしてしまうことです。

迷惑と感じるのであれば、徐々に返信の回数を減らすことや会話が続かないように相手の質問に答える程度に留めてフェードアウトをするようにしても構いません。

基本的に会話が続かなかったりお誘いに乗らなかったりという状況が続けば自分に気がないと気付きますから、営業メールとしてはNGであってもこういうケースでそっけない態度をあえて取るというのはわりと有効な手段でもあります。

ただし、それでもしつこい場合はお店と相談をしてブロックをしたりNG客として対処してもらったりしましょう。

指名客とのメールのやり取りを上手く続けるには

初回の来てくれてありがとうというメールを送った後は、相手の返信を見て会話をするようにやりとりをすると良いでしょう。

お客様としてはキャストと擬似恋愛をしているというスタンスになるため、彼女としてどうメールをしたら可愛いかなと考えてみると上手く男心を掴むことができる可能性は高くなります。

例えば手作り料理の写真を送って、ちゃんとご飯食べてる?というような気遣いを一文入れてあげることや、相手のことを労ってあげる、愚痴を零してきた時は聞き役に徹して相手の味方になってあげるなど彼女の振る舞いをメールでしましょう。

ただ、頻繁にやり過ぎてしまうと勘違いをさせる要因にもなりますし、逆に相手が既婚者で風俗に通っているというケースもありますのでよく状況を見ておかなければなりません。

既婚者の場合は頻繁にメールを貰うと困るので、お昼休みのタイミングにメールをするなどの奥さんに見られないような配慮をしておくことが重要です。

忙しい時など無理に送る必要もありませんし、相手が迷惑そうならメールを止めるのもまた作法と言えます。

指名を取りたいからと相手のことを考えずにメールを送れば逆に指名を逃すきっかけにもなります。

良縁として長く指名をしてもらうためにも、メールをまず楽しんでもらえるよう配慮をしつつお客様との接点を切らないように工夫をしてみると良いでしょう。