人気は作れる!風俗キャストが覚えておきたい営業メールテクニック

キャバクラ嬢の中ではおなじみの営業メールですが、風俗キャストで積極的に行っている人は少ないでしょう。 しかし、お客様へのアピール方法として、営業メールは効果的です。指名率が高い人気の風俗キャストは、さまざまなテクニックを駆使して営業メールを使いこなしています。 一体どんなメールを送ればお客様が来店してくれるのでしょうか。 今回は、お客様へのアピールに効果的な「営業メールのテクニック」をご紹介いたします。

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

こまめな営業メールにはこんなメリットがある

営業メールの一番メリットといえば、やはり集客アップです。メールを定期的に送ることでお客様に自分のことをアピールすることができ、来店につなげることができます。

しかし、営業メールのメリットはこれだけではありません。
営業メールを送ってお客様が来店すると、自分はもちろんお店の収益も増えます。
お店に貢献しているキャストというイメージを作ることができ、スタッフへの印象アップにつなげることができるのです。

スタッフにいい印象を与えておくことで、フリーのお客様を多く回してもらったり、シフトの融通をきいてもらいやすくなったりすることもあります。営業メールは自分の収入をアップさせるためのツールとしてはもちろん、さまざまなメリットを持っているのです。

お客様に好感を与える営業メールのテクニック

・定期的にメールを送る

営業メールを送ってもお客様からの返信がない場合、「脈がないのかな……」と思いがちですが、返信の有無はあまり気にしなくてOKです。

お客様は「息抜きしたい」「誰かに会いたい」といったタイミングで来店するので、自分を思い出してもらうためという気軽なスタンスで営業メールを送りましょう。

また、仕事や家庭の関係で、頻繁にメールの返信ができないお客様もいます。返信がないからといって諦めたり落ち込んだりするのではなく、定期的にメールを送りましょう。

・写真を添付する

営業メールを送るときには、文章だけでなく自撮りの写真も添付しましょう。実際に会っていなくても、定期的に写真を見ていると身近にいるような気がして親近感を持ってもらいやすくなります。

このとき注意すべきなのは、写メ日記とは違う写真を使うこと。同じ写真を使いまわすと、手抜きしているという印象を与えてしまうことがあります。「このメールのために写真を撮ってみたよ」という文章つきで、新しく撮影した写真を添付しましょう。

・営業メールを送るなら月曜日の午前11時頃に

平日が仕事で土日祝がお休みというお客様の場合、週初めの月曜日は憂鬱なもの。その気分が落ちているタイミングを見計らい、元気を出してもらえるようなメールを送るとお客様の心に響きやすくなります。
また、お昼前に送信することで仕事の昼休憩中にメールチェックをしてもらえるため、見逃されにくくなるのも嬉しいポイントです。

営業メールは、風俗キャストにとってメリットの大きいツールといえます。
今回ご紹介した3つのポイントをふまえて、自分らしいメールを作ってみましょう。文章の作り方や写真の撮り方に慣れてくると、営業メールを送るのが楽しくなることもあります。メールの先にいるお客様のことを考え、可愛く癒されるような営業メールを作ってみてくださいね!