美人じゃなくても大丈夫?30~40代が気を付けたい容姿や振る舞い方のポイント

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

美人でなくても大丈夫?気を付けたい容姿や振る舞い方のポイント

風俗求人で容姿不問とは言うけれど…

風俗店の求人を見ていると、美人であることが必須要件ではないと謳うお店が意外と多いことに気が付きます。
女性側のイメージとしてはどうしても美人でなければ風俗店では働けない、採用してもらえないと考えがちですが、美人でスタイルが良くて、という人にしか需要がないかと言うと必ずしもそうではありません。
勿論お店のコンセプトによっては美人のみを集めているというところもありますから、そういうお店の場合は顔やスタイルの美しさも評価ポイントになります。
しかし、そういった特別なコンセプトが無い限りは自分の顔やスタイルに自信が無くても採用してもらえますし、お客様も美人であることを重要視しているわけではないので女性ほどのこだわりは持っていないと考えて良いでしょう。
自分は美人でもないしスタイルも良くないし、と二の足を踏むくらいならいっそ面接だけでも受けに行ってしまった方が杞憂で終わる可能性がずっと高いです。
ですが、容姿不問とはいえ全く何も容姿を見ていないのかと言えばそうではなく、一定の評価はしています。
容姿の美しさが評価ポイントではないのなら、お店は一体何を見て評価しているのでしょうか。

風俗業は接客業であることを忘れずに

風俗業は性的なサービスを売り物にするため、一般の接客業と比較するとサービス内容は特殊です。
ですが、サービス内容が特殊であっても接客業であることは変わらず、お客様に満足をして帰っていただくという目的は共通しています。
つまり、風俗業は接客業であるという認識をしっかりと持っていなければならないということです。
お客様の接客をするにあたって店員がボロボロの服装で現れたらどう思うでしょうか。
不衛生な格好で見た目にも不潔と分かる状態で接客に現れた時、そのお店について良い印象を持てる人はおそらくいないでしょう。
容姿を評価しているというのは素体の美しさではなく、お客様に不快を与えない恰好をしているかという話なのです。

1.清潔感のある恰好をしよう

容姿について評価されるポイントとして一番心掛けたいのは清潔感のある恰好をすることです。
清潔感があると言ってもなにもスーツを着て面接に行けと言っているわけではありません。
お店やお客様が求める清潔感の恰好というのは、清楚に見えるかどうかというポイントを押さえておく必要があります。
30代以上の女性が働く人妻系や熟女系は、キャストに女性らしい清楚さを求める傾向にあるため、セクシャルな服を着るよりもワンピースや色の淡いスカートなどを着た方が需要に合っています。
どうせプレイをする時に服を脱いでしまうのだからといって、しわのある服やヨレヨレの服は身に付けず、できる限りしわのない綺麗な服を着るようにしましょう。
綺麗に見せるためにブランド物の服装で固める必要もありませんが、糸のほつれが目立つ場合やあからさまに安物だと分かる服は避けた方が無難と言えます。

2.メイクはナチュラルメイクで

メイクの仕方についても注意が必要であり、美しく見せるために派手派手しいメイクにする、厚化粧にするのはNGです。
女性の可愛いと男性の可愛いはイコールではなく、女性目線の可愛いメイクをしてしまうと男性のウケが悪いという展開にもなってしまいます。
男性が好むのはナチュラルメイクであり、目指すメイクは女子アナメイクです。
女子アナは誰が見ても不快感を覚えないような、それでいて美しく見せるためのメイクをしているので女子アナメイクをしっかりと覚えるとお客様からのウケも良くなります。
さらに、あまりにも厚塗りのメイクをしてしまうと無理をして若作りをしているように見られてしまうこともあるので、自然に見えるメイクをすることが重要です。
ネイルについても、きつい色の派手なネイルをするのではなく、爪が綺麗に見えるようなクリアネイルや血色が良く見えるピンクのネイルなど派手な感じを演出しないようにしましょう。
美しい指先は男性をドキッとさせる小さなワンポイントとなりますので、自分目線ではなく男性目線でネイルを塗ってみましょう。

3.お店のコンセプトとマッチしているか

容姿の美しさは関係無いのですが、働こうとしているお店のコンセプトは事前に確認をしておいた方が良いでしょう。
というのも、お店によっては体形が重要な要素となっていることもあるためです。
例えば、ぽっちゃり体形専門の女性を集めた風俗に痩せすぎの人が面接に来ても採用はしてもらえませんし、逆に痩せている人を対象としたお店に普通体形の人が来ても採用はしてもらえません。
これから働きたいと思うお店がどういうコンセプトであるのか、体形がコンセプト上で重要な位置を占めているのかを確認しておくと、折角面接を受けに行ったのに駄目だった、ということを減らせます。
自分では太っていると思うから、という理由ではなく客観的に見て太っているのかどうか、一般的に見て自分の体形はどうなのかを考えて選ぶようにしましょう。

実は容姿よりも重視されていることがある

一般的に容姿は常識の範囲内であればそれほど気にする必要はありませんが、お店やお客様が評価するポイントとして重要になってくるのは常識や内面、プレイです。
そもそも風俗店に何しにお客様が来るのかと言えば、美人な人を眺めに来ているわけではなく心身ともに癒されることを目的に来ているのです。
美人に相手にしてもらうよりも気持ち良く癒すことができる女性に当たる方が何倍も良く、特に20代までの若い女の子のいるお店に行かず人妻系や熟女系のお店に行く人はその傾向が強いです。

1.まずは最低限の常識を

お客様のニーズを満たすために最低限押さえておきたいのは常識ある振る舞いをすることです。
風俗業で働く女性にありがちな勘違いとして、風俗なんだから対応が適当でも良いというものがあります。
例えば敬語を使わずに喋る、スマホを弄りながら相手をする、愛想笑いの一つもしないといった接客業としてはあるまじき行いをしてしまい指名を逃すケースも少なくありません。
先にも言った通り、風俗業は接客業であり一般的な仕事と比べるとサービスに特殊性があると言っても、風俗店に通うお客様は風俗業界の外にいる人であることを忘れてはなりません。
応対も一般業界で通用するレベルのものを求められますので、完璧に敬語ができる必要はありませんが、きちんと敬語を使って話すようにし、接客業であることを意識した振る舞いを忘れないようにしましょう。
どんなに気遣いができる人でも常識のない人だと思われれば裏目に出てしまいます。
敬語を使って話し、挨拶や笑顔などを忘れずに行うよう心掛けておきましょう。

2.ちょっとした気遣いを忘れずに

20代までの若い子とニーズが異なる点で、人妻店や熟女店に来るお客様はちょっとした女性の気遣いを楽しみに来ているところがあります。
若い女の子は人生経験が浅いことから気が利かない面や荒っぽさが見えてしまうことも少なくないのですが、30歳を過ぎて結婚などの人生経験が増えてくるとさりげない気遣いが自然と身に付いていきます。
このような気遣いが男心をくすぐるため、意識はした方が良いでしょう。
例えば既婚者で風俗に遊びに来ている場合、風俗に行った痕跡を残してしまうのは好ましくありません。
プレイが終わった後に石鹸の匂いを残してしまうと奥さんに気付かれる可能性が高くなるので、石鹸の匂いが残っていても平気かどうかを聞いて反応が好ましくないならシャワーだけにするなどの対応も次からの指名を得るためのポイントアップに繋がります。
他にも喫煙者だったらさりげなく灰皿を近くに用意しておくとか、ちょっとした変化に対応してあげることが好ましいです。

3.一生懸命仕事をしようとしているかどうか

どんなに常識ある行動ができても、気遣いが良くてもお客様を一生懸命接客しようという意思が見えなければ良い評価は与えられません。
風俗業界で長く働いているという人でもなければ、プレイがどうしても荒くなってしまうのは仕方がないことであり、こればかりは経験に差が出てしまうのも仕方が無いと割り切るしかない部分です。
ですが、一生懸命気持ち良くしようと努力している姿が見えた場合、尽くそうと頑張っている姿が見えると仮に抜くことができなかったとしても満足してくれることが多く、次の指名を得られることも少なくありません。
お客様に良い思いをしてもらいたいという姿勢を見せるようにしましょう。