正直どうなの?リアル不倫と風俗事情/30代40代向け

  • 賢く稼ぐ大人女子
  • 高収入 稼男になろう!

不倫は損?知りたいリアルな不倫事情と風俗の関係性

不倫は興味があるけれどしてしまうとどうなるの?

既婚者という立場になると男女共に未婚であった頃のように簡単に誰かとお付き合いをすることができなくなります。
芸能人や政治家など著名人の不倫が取り沙汰されるように、不倫をすることは悪いことでありどのような理由があっても許されることではない、と一般的にも考えられているため発覚すれば大事になってしまうのです。
しかし、これはあくまで芸能人の話であり一般人には関係ないだろうと思うかもしれません。
ですが本当に不倫をしても痛手が無いのかと言うと決してそんなことはないのです。

離婚というリスクが付き纏う

不倫をする人に共通して言えるのは、自分のパートナーと別れてまで付き合いたいとは思えないと考えていることです。
中にはパートナーの乗り換えを本気で検討する人もいますが、大多数は遊び感覚で恋愛をする場合や関係を持っていることが多いです。
ですが、本人は遊びのつもりでもパートナーから見れば自分以外の相手と平然と関係を持っていたわけですから信頼関係は破綻してしまいます。

民法上でもパートナーの不貞行為は離婚の事由として成立することが規定されていますので、自分が離婚をしたくないと主張しても裁判を起こされれば勝ち目がないのです。
子供がいれば子供と会うこともできなくなってしまうというケースも珍しくはありませんし、家庭崩壊を起こす引き金になってしまいます。

慰謝料という金銭的な問題

当然不倫は一人でできませんし、自分や相手に配偶者がいた場合慰謝料を請求されることがあります。
どのような理由があったとしても不倫をしていた事実を押さえられてしまっている以上は言い逃れができず、慰謝料を払う義務が出てしまいます。
これがW不倫であれば相手のパートナーにも慰謝料を請求されたら支払う義務が発生しますので金銭的な負担はかなり重くのしかかると言っても過言ではないでしょう。

社会的信頼の失墜

著名人の不倫だとテレビに出られない、失職するなどの憂き目に遭うことがありますが、一般人であっても最悪の場合仕事を失う可能性も出てきます。

例えば営業職など会社の顔として立っている人は、会社のイメージを損なうとして左遷をされたり役職を下ろされたりすることもあります。
不倫は社会通念上良くないとされる行為ですし、配偶者がありながら自制心の無い行動をする人間に責任ある仕事は任せられないと判断されがちです。

職務上のお咎めが無かったとしても不倫をしたという事実が噂になって流れるわけですから、楽しく仕事ができるような環境ではなくなってしまいます。

パートナー以外と遊びたい男性はどうしている?

不倫のデメリットがあまりにも大き過ぎるため、気の迷いが起こったとしても行動に移さずにパートナーを大切にするのが失うものを作らない条件とも言えます。

しかし、それでもパートナー以外の人と一緒に過ごしたいという欲求を抱えてしまうこともあるため、デメリットは分かっていても一線を越えてしまうという人もいます。

ですが、その一線を上手く越えずに遊んでいる男性もいて、こういった人達は風俗を利用するのです。
風俗というとどうしても若い女の子が在籍しているようなイメージを持ってしまいがちですが、若い女の子ばかりが接客の対象ではなく人妻や熟女といった30歳以上の女性が接客をするサービスも少なくありません。
他人の奥さんと遊びたいけれど不倫が発覚してしまえば慰謝料どころか社会的な立場まで危うくなる可能性がある、しかし風俗なら発覚したとしても社会的地位まで脅かされることはないし相手の夫から不倫をしたとして慰謝料を求められることもありません。
だからこそ風俗を利用して上手くその欲求を発散させるのです。

人妻風俗店で働いてみよう

欲求を満たしてお給料もゲット

男性は遊べる場所が多いですが、女性をターゲットとした風俗は少ないため男性のように思うように遊ぶことができないという実情もあります。

ですが、裏を返せば人妻と遊びたいという需要がある男性が集まる風俗店で働けば、遊びたいという欲求を満たせるばかりかお金も貰えるので欲求を満たして貰ったお金で美味しいものを食べたり欲しいものを買ったりなど自分のための費用にもできるのです。

風俗店ですから当然給料も普通のアルバイトをするよりも高いですし、ただ遊ぶだけならお金も貰って楽しく働いた方が女性にとっても断然お得と言えます。

風俗店は拘束されず長く働かなくてもOK

しかし働くとなると決まった時間に出勤して決められた日数を働かなければならないのではないか、と考えがちでしょうが、一般のアルバイトはそうであっても風俗は事情が違います。

風俗で働く人の多くは短期バイトの感覚で来ており、一つのところに腰を落ち着けて長く留まる人というのは然程多くはないのです。

お店としても新人を入れることでお客さんに興味を持ってもらうことができるため、短期バイトを多く入れて回転率をあえて上げようとしているのですから一日だけというのも可能なのです。

それに、基本的には働く女性の都合に合わせてくれるので空いた時間に働きに行くということもできます。
自分の都合を優先して風俗店で働くことができるので、働くために時間を空けなければならないということは無いのです。

身バレ防止の対策をしてくれる

それに、風俗で働く上で誰もが気になる身バレ対策も徹底しているためパートナーが怪しんで風俗店に電話を掛けても在籍していないと誤魔化してくれます。
ところによってはアリバイ会社を利用して会社勤めをしているように装ってくれることもあるため、風俗で働いているという事実は発覚しにくいです。

また、出張型サービスなら知り合いに合わないようにNG客として電話番号を予め登録しておくことや、特定のエリアには出張しないとすることもできますし、店舗型サービスなら受付にあるカメラから客の顔を見てNGを出すこともできるのでバレる可能性も低いです。
写真もHPには顔写真を掲載しないので誰かにバレてしまうという可能性も無く、自由に働くことが可能です。

人妻風俗店で働くならどういうところがいい?

このようなメリットを考えると、デメリットが多過ぎる不倫よりも人妻風俗店で働いた方がずっと良いと言えるでしょう。
男性も手軽に後腐れなく不倫感覚で遊べるから人妻風俗店を利用するという側面があるため、需要は非常に高いです。
とはいえ、人妻風俗店と言っても種類は豊富にあるのでどのようなところで働けば欲求を満たせるのでしょうか。

ヘルス

ヘルスには出張型と店舗型の二種類があり、お客様が指定する場所まで出張をするか、店舗でお客様が来店するのを待つかという違いがあります。プレイ内容は同じなので、二人きりで前戯をして、手コキや素股といった方法で最終的にお客様に満足していただきます。

※派遣型…デリバリーヘルス(デリヘル)
※受付所があり、ホテル限定派遣型…ホテルヘルス(ホテヘル)
※店舗型…ファッションヘルス

ソープランド

ソープは店舗型サービスのみであり、お客様との疑似恋愛をより深く楽しむことをコンセプトに濃厚なサービスを行います。ヘルスと比べると時間設定が長めになっていることが多く、ヘルスではベッドでのプレイが主になるのに対し、ソープではお風呂でのプレイも主になります。

特殊浴場という位置付けのため、浴室でマットプレイを行い続きをベッドで行うという形が多いです。風俗店の中では最も給料が高く、お金がたくさん欲しい人や一人のお客様にじっくり時間をかけたいという人にはお勧めでもあります。

ただ、店舗型サービスは24時間できる出張型サービスとは違い決められた時間枠でしか営業ができないため、日中仕事をしている場合や予定を空けられないという人には時間的な制約の面で厳しいという点もあります。

性感エステ

ヘルスやソープに抵抗があるという人は性感エステで働くという手もあります。 性感エステはオイルマッサージに性的なサービスを加えたものであり、基本的にサービスをする女性に触れるのはサービス外となっています。
ですから自分が一方的にサービスをして、心身ともにリフレッシュをして気持ちよくなってもらうことがコンセプトなので女性の負担が少ないのが利点とも言えるのです。

キスやフェラといったサービスも無く手コキでフィニッシュを迎えますから、ヘルスやソープに興味はあるけどと二の足を踏んでいる人もまず性感エステから飛び込んでみると良いかもしれません。

どの業務形態であっても研修はありますし、体験入店という形で働けるため自分に合わないと思ったらすぐに辞めることもできます。
特に技術が必要とされる性感エステもマッサージの方法はきちんと教えてもらえますので、何をしたら良いのか分からないということにはならないので大丈夫です。

不倫はいろいろと問題も多くお金が出ていっても貰えることはありませんが、風俗店は自分も満足できてお金も貰える良い仕事です。
不倫をしたいと考えるなら、風俗店で働くことも検討をしてみましょう。